ピンクのクラウンは今どこに?

トヨタ新型クラウンのCMに登場するピンクのクラウン。伝統と格式高いクラウンでピンクだなんて……。ワタクシも含めた、世のボンクラはそう思ったわけですが、“大胆かつ次元が違う改革”が必要なわが国では、クルマを売るために、時にはこうした発想も必要だったのかも。そんなピンクのクラウンのオーラを、全身で浴びてきました

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
望月浩彦=撮影 Photographs by Mochizuki Hirohiko

◆ピンクのクラウンを探しにいって、記念撮影してみました!

クラウン SPA!読者の諸君らは、CMでピンクのクラウンを初めて見た時、どう思ったか。おそらくボンクラゆえに、「特に何も思いませんでした!」という者が多数を占めるだろう。タハ~。

 実はあれを見て、多くのクルママニアは「フザケンナ!」と怒った。原因はピンクだけでなく、逆クリスマスツリー型の大胆なフロントグリル形状にもあった。ああいうものは言わば邪道。「くだらないことで気を引こうとするな」、「そんなことしてるヒマがあったら中身を良くしろ」と、全否定で反応したのである。

 これは、安倍晋三氏に対する当初の反応に似ていないだろうか?

 安倍総理誕生時のメディアの反応は、「腹痛総理再登板」、「ネトウヨ首相」といったもので、アベノミクスに至っては、「お金を刷って景気が良くなるわけがない」等全否定。経団連会長ですら「無鉄砲だ」と批判した。

 フタを開けたらどうか。新型クラウンは大人気で、発表1か月で2万5000台を受注。セダン冬の時代でありながら、2月の登録台数は約1万台。売上額でプリウスに迫った。

 なかでもピンクのクラウンは、マニアたちの「センス最悪」の評とは裏腹に注目度抜群、話題づくりとして大成功。当初PR用に3台だけ造られたが、豊田章男社長の一声で50台余りが追加生産され、全国のクラウン販売会社に1台ずつ配られた。安倍総理も、メディアの全否定もなんのその、アベノミクスが絶好調でやることなすこと連戦連勝。支持率は上昇を続け、まさに破竹の勢いだ。ソックリじゃないか!

 大胆なフロントグリルにピンクのボディカラーは、クルママニア的には禁じ手。輪転機をグルグル回してお金を刷ることも、日本人的には邪道。どっちも「曲がったことをするな!」という、日本人の倫理観に反することである。が、今こそ日本には、大胆かつ次元の違う曲がったことが必要だったのだ!

 トヨタのデザイン部門の責任者に就任し、デザイン改革を推し進めている福市得雄氏は、「お客様が、クルマを見てまず目に入るのは色なんですよ。次にグラフィック(輪郭)です。そこを大胆にしなかったら、変わったかどうかわかってもらえない」とおっしゃった。そして、これまで人畜無害の極致だったトヨタのデザインを、今後大胆に変えていくという。つまり、第一印象は「うげえ!」と思うものの、その後目が慣れるにつれ「いいね」と感じるような、インプレッシブなデザインを志向するそうだ。いいじゃないか! これまでとは次元の違う大胆なデザイン改革をやってくれ!

 で今回のオートクラブは、合計55台存在するらしいピンクのクラウンを探せってことで、問い合わせした結果……。

⇒【後編】へ続く ピンクのクラウンはクルマ業界の大胆かつ次元が違う改革
http://nikkan-spa.jp/422084


⇒【写真】ピンクのクラウン!
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=422099


― ピンクのクラウンを探しにいって、記念撮影してみました!【1】 ―

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中