人気爆発!ムネリンがトロントで愛される7つの理由

MLB, 川崎宗則 メジャー球団で唯一カナダに本拠地を置くトロントで、2年目の川崎宗則が元気だ。

 10日前に3Aバファローから今季初昇格を果たしたムネリンは、今朝行われた試合も含め、全10試合にスタメン出場中。うち5試合でヒットを放つなど、昨年の打率.192/出塁率.257を大きく上回る打率.261/出塁率.345と健闘中だ。

 遠征先のカンザスシティでチームに合流した川崎は、敵地で2試合をこなしたあと、現地時間15日からホームのトロントで7連戦を戦った。ここはメジャーでは珍しい「ドーム+人工芝」の球場。福岡や東京でドームに慣れ親しんでいる川崎に、新たなホームは安堵感を与えたことだろう。

 “持っている”川崎が師匠イチローと笑顔の対面を果たした件は既報のとおり(→http://nikkan-spa.jp/426700)だが、同時に地元ファンの目の前で初めてプレーを披露した川崎は、早くもトロント市民の心をガッチリとキャッチした。

 現地トロントでスポーツやアプリの総合サイトを運営している「The Score」では、人気コラムニストDJFが『川崎が愛される7つの理由』という特集記事を配信。瞬く間に2,000いいね!が押された。さて、その理由とは……?
http://blogs.thescore.com/djf/2013/04/16/7-reasons-to-love-munenori-kawasaki/

MLB, 川崎宗則【理由1】“Lo Viste”お辞儀バージョン
そもそも“Lo Viste”とは、試合中のあからさまなガッツポーズが敵チームへの侮辱行為と見られるMLBで、球団史上初のワールドシリーズ進出を決めた2010年のテキサス・レンジャースの選手たちがはじめた「エアー・ハイタッチ」のようなもの。¿Lo Viiste? とはスペイン語で「Did You See It?」(見たか!)という意味。これをゲーム中、自軍選手ベンチに向けてこっそり行うのが今のMLBプレーヤーの“密かなブーム”なのだ。

【理由2】シカトされちゃったお辞儀
ホームランを放ったマイカー・イズタリスを深々とお辞儀で出迎えるも、シカトされたムネリン。しかしこの甲斐甲斐しい姿が、テレビを通じて地元ファンの心を掴んだ。

【理由3】とても自然な“Lo Viste”3塁打編
こうやって味方ベンチにだけ分かるように「見たか!」サインを送るのです。ムネリン上手です。
⇒【画像】http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=427980

【理由4】スッテンコロリン
“野球少年のようだ””ピュアな人柄が伝わってくる”とネットで大評判

【理由5】スッテンコロリン苦笑い
“何と言っているのか知りたい!”との書き込み複数アリ

【理由6】ムネリンダンス(シアトル時代)
もはや説明不要

【理由7】最後はASICSバット
海外でASICSはシューズ専門メーカーとしての認知が高いため「ASICSのバット!?」「どこで買えるの!?」とネット上で話題を呼んでいる。

 地元ファンは、徳川時代、明治時代などに次いで“川崎時代”が到来したと川崎の加入を歓迎している様子。”変な外人”ムネリンが、今トロントで熱い!

<取材・文/スポーツカルチャー研究所>
http://www.facebook.com/SportsCultureLab
海外スポーツに精通したライターによる、メディアコンテンツ制作ユニット。スポーツが持つ多様な魅力(=ダイバーシティ)を発信し、多様なライフスタイルを促進させる。日刊SPA!ではMLBの速報記事を中心に担当

30~40代のカラダは“肉体改造”とともに「血管年齢」も若返らせろ!【PR】

30~40代のカラダは“肉体改造”とともに「血管年齢」も若返らせろ!【PR】
 中年になると、健康といえば真っ先にイメージし求めがちなのが、いわゆる“肉体改造”のような目に見える部分のカラダの変化。確かに太っている人が痩せると、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その2:日本人のハイローラー(5)
山田ゴメス
シングルマザーたちの複雑な恋愛心理「受け入れてくれるのは100人に1人」
メンズファッションバイヤーMB
2~3万円で買える「なんちゃって高級時計」ベスト3
オヤ充のススメ/木村和久
富裕層の金銭感覚に変化!? 両極端なものに出費するのはなぜか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ニューヨーカーが狂喜した“グラハム現象”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第20回
おじさんメモリアル/鈴木涼美
医者の男が教えるセックスは本当に気持ちいいのか?
大川弘一の「俺から目線」
内定取消しの美琴、銀座を彷徨う――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
アホなことも10年やれば一流の仲間入り!? 芸能事務所の忘年会に潜入する方法
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」
「アナベル、外に出てふたりで話そう!」――46歳のバツイチおじさんはライバルに先を越され窮地に立たされた
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
ジェダイも真っ青の実力なのに会場はスッカスカ。フェンシングは太田雄貴選手の言う通りカネがなさそうだった件
原田まりる
「車好き」はマゾヒスティックな趣味である
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
僕が芸能界を無期限休業したワケ――「ネパールを旅してわかったこと」

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中