週末に行ける「海外ビジネス視察ツアー」に行ってみた【後編】

 海外で起業または就職をしたいが、どこにきっかけがあるかわからない……そう思う人は多いはずだ。

 記者も海外ビジネスに興味があったものの、どうにもアクションが起こせず、ただ月日が流れていくだけ。

 そんな中、週末だけで現地のビジネス事情をひとっ飛びに知ることができるツアーがあることを知った。グローバル人材育成を手掛けるコンサルティング会社、株式会社JIN-Gが主催する「週末アジア視察団」である。

 知識もプランも何もない記者であったが、週末だけで良いのなら……と、去る2月24~25日、「週末アジア視察団@シンガポール」に自腹を切って参加してみた。

⇒【前編】はこちら http://nikkan-spa.jp/432304

 二日目はいよいよ、アウトプットである。

海外ビジネス視察ツアー,アジア,シンガポール

ツアーの肝となる、ビジネスプラン作成。コンサルタントの河瀬氏がみっちり5時間徹底指導。

 シンガポール経営大学にて、グローバル戦略コンサルタントの河瀬誠氏による戦略ワークショップが行われ、参加者一人ひとりのビジネスプラン作成&発表がなされた。

 記者もビジネスプラン作成に挑戦。海外起業に憧れは持つものの、具体的な起業計画があるわけでもなく、作業が難航してしまう。

 業界の推移を予測しつつ、編集業務を通じて何を実現したいか? そのために必要なことは? うーむ、難しい……結局、業界事情の解説を交えて無理やり発表。河瀬氏からは「積極的なアプローチと自分ブランディングが必要」とのお言葉を頂いた。

 ちなみにこのセミナーは、通常は日本で有料で行っているものである。起業計画なしのまま受けるのは少々、勿体なかった気もする……。

 夜はシンガポールの各界で活躍中のビジネスマンを招いての懇親会が行われた。

 参加費用は二日間で10万円(渡航費・宿泊費除く)。通常は会うのが難しい、現地のトップ日本人ビジネスマンたちの講義を聞けるだけでなく、ランチやディナーも共にできるのはお得だといえる。その上、起業・就職アドバイスやそれに必要なリアルタイム情報も得ることができ、アジアでビジネスをしたいと思う人々にとっては、値段以上に中身の濃い日程だ。

海外ビジネス視察ツアー,アジア,シンガポール

夜はマリーナベイサンズを望む川辺で日本人トップビジネスマンとディナー!

 参加者の一人であり、アパレル・リユースビジネスなどを手掛ける、株式会社エクスモーダ代表取締役の白川祐輝さん(28)は次のように話す。

「日本国内の経済市場・成長性を考慮し、今後はグローバルビジネスをして展開していきたいと思い、今回の視察ツアーに参加しました。今回、最も印象深かったのはシンガポール政府の国策が素晴らしかった事です。企業誘致等は皆さんも同意見だと思いますが、私は水道公社の教育も含めた環境施設に非常に感銘を受けました。都内で育ってきたのでこのような幼少期を過ごす事無く、資源や物がありふれた日本で育ってまして、そこまで資源などについて考えていませんでした。シンガポールの資源事情・外交状況もあるとは思いますが、子供でも体験しやすいレクリエーション施設を造るなど、環境・資源についての教育を幼い時からしてゆく事の大切さに共感しました。僕もタイやカンボジアなどアジア圏への出張で現地を見た時に、まだまだ現地に学校が足りていない現状も見てまして、そういった現地では教育がまだまだ大切だなと思い、将来的には資源保全・リユースの仕事を通して関わった国々に学校を造りたいと思っています。また、国内大手企業とタイアップした資源回収キャンペーン、大規模な音楽フェスティバルなどでのゴミステーション=資源回収で、資源保全への意識改革を少しずつですが伝えて行きたいと思っています。日常に資源があること、ありふれていることを伝えられる自分の仕事の使命に気付けました」

 次回の視察団はタイとカンボジアで行われる(http://jin-g.com/weekend/)。

 シンガポール視察団に随行したJIN-G執行役員の四方健太郎氏は、次回の視察団の特徴について次のように話す。

「6月中旬(17日~20日)にはカンボジアとタイの視察団を実施します。カンボジアはまだ一般メディアの注目を浴びていませんが、東南アジアビジネスに詳しい方はかなり注目しています。自らの目や耳で体感していただくだけでなく、現地起業家や日系企業を訪問し、生の情報に触れてもらいたいと思っています。タイでは日系のみならず、中国系(華僑)ビジネスについても現地で視察を行い、他では経験できない内容となっています。また、7月には中国(上海)の視察も予定しています。昨今、ネガティブなニュースの多い日中関係ですが、ビジネスの世界では依然として大きなマーケットですので、今こそ注目すべきではないでしょうか」

 日程はどれも土日。この際アジアビジネス視察で、いつもと違う刺激的な週末を過ごしてみるのもいいかも!? <取材・文/日刊SPA!取材班>

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中