スキンケアに月3万円!! 美肌を保つ男

20~40代を中心に、美容に関心を持つ男性=“綺麗男(キレオ)”が増えているという。身だしなみの一環という枠を超え、美白や永久脱毛、血液クレンジングや腸内洗浄にまで手を出す男性も。メンズ美容の最前線を追った!

【スキンケア】「健全な精神は美肌に宿る」こだわりのエステティズム

スキンケア

朝晩必ずこれだけのスキンケア用品を使う

 スキンケアに対して高い美意識を持っているのが、プロフェッショナルメークアップアーティストブランド「シュウ ウエムラ」でグループ・プロダクト・マネージャーを務める小林雄一さん。ニキビや肌荒れに悩んでいた大学生時代、友人に紹介されたコスメでスキンケアの効果と重要性に開眼。以来、自分の中のエステティズム(洗練さ)を追求することにハマった。

「朝晩は必ず、クレンジングオイル、ブースター、化粧水、エナジャイジング・セラミ、保湿クリーム、UVアーマーをセットで使っています。さらに、その日の体調や季節、紫外線量などによっても使うものを変えていますね」

 スキンケア関連だけで月に3万円ほどの費用がかかるが、それだけの結果が表れているので、決して高いとは思わないという。

 また、土日以外は毎朝1時間ジムに通い、ホットヨガ、岩盤浴、酸素カプセルなども定期的に行って老廃物を出すよう心がけ、睡眠は最低7時間、酒もタバコもたしなまず、自宅は鎮静効果のある南仏産の生ラベンダーから抽出したアロマの香りを常に充満させている。自分にとって心地よいもの、洗練されたものに常に触れることで、精神衛生を保つのも大事だとか。

◆最低限の美意識は男の必要条件!

 男性の美容意識は確実に上がり、女性もまた男性に清潔感や洗練さといった美を求め始めている。

「私は、男性もメイクアップすべきとは必ずしも思いませんし、アンチエイジングという言葉も嫌いです。ただ、年齢に応じて最大限前向きでいられるベストコンディションを保つためにも、最低限、クレンジングだけはみなさんにも取り入れてほしいですね」

― ここまできた![メンズ美容]最前線【3】 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中