佐藤琢磨の優勝報道、正しいのはスポーツ報知だけだった

 日本のモータースポーツの歴史が塗り替えられた。

 2010年からインディカーに挑み、参戦52戦目の佐藤琢磨が今季第3戦ロングビーチ(4月21日決勝=日本時間22日早朝)で初優勝。日本人ドライバーがアメリカのトップカテゴリーのレースにチャレンジを始めて苦節24年目して初めて日の丸を掲げた。

佐藤琢磨 これまでは昨年7月第11戦カナダ・エドモントンでの琢磨と2008年に武藤英紀が記録した2位が日本勢過去最高位だった。

 琢磨の初優勝は、日ごろモータースポーツに冷たい日本のメディアで思いのほか大きく取り上げられた。一般紙は4月22日夕刊と翌23日朝刊ほぼ全紙に掲載され、スポーツ紙は3紙で1面を飾った。

⇒『新聞各紙の反応まとめ』はコチラ http://nikkan-spa.jp/441006

「アメリカからのニュースは時差の関係で丸1日遅れの掲載になってしまうので、実はあまり大きく取り上げたくないんです。しかし今回は日本人初の快挙、琢磨のネームバリュー、メディアの中にも琢磨ファンが多いこともあって、一般紙、スポーツ紙で大きく扱われました。それにプロ野球が月曜休みということもあって、火曜の紙面スペースに余裕があったことも幸いしたと思います」(スポーツ紙関係者)

佐藤琢磨 そしてテレビ。NHKと日本テレビがやってくれました。

 NHKは22日夜7時と9時のニュースで伝え、琢磨の快挙を全国津々浦々まで届けた。

「NHKは以前から、たとえ民放が放映権を持っていようが、アスリートの世界的快挙は公平に報道する姿勢です。日本テレビは過去インディカーの放映権を持っていたからかもしれません」(テレビ局関係者)

 さらにNHKは、5月5日のラジオ第1『日曜あさいちばん』で琢磨のインタビューを約10分間放送した。

 琢磨は続く第4戦サンパウロ(5月5日決勝)で、最終ラップの最終コーナーで抜かれて惜しくも連勝を逃がしたが、2位表彰台を獲得。

佐藤琢磨 今、ノリにノッている。

 これで開幕4戦すべて完走し、表彰台が2回。ドライバーズランキングでトップに立って、次戦世界最大のイベント、インディ500(5月26日決勝)に挑む。

 昨年のインディ500では、2位で迎えた最終ラップ第1ターンで優勝を賭けたオーバーテークの末にスピン。壮絶な散りざまだったが、現在確変中の琢磨は今年もワクワクさせてくれそうだ。

 ちなみに、琢磨の表記は「琢」ではなく旧字体が正解である。一連の初優勝報道では『スポーツ報知』だけが正しかった。

※旧字体はネット環境によって正しく表示できないため本記事では「琢」を使用しました

取材・文/コンコルド足立 撮影/山川健一(本誌) 写真/Honda Honda Racing HPD INDYCAR
― 佐藤琢磨のあっぱれな初勝利!【前編】 ―

F1全戦取材~グランプリ サーカス一座の365日~

当コラムF1企画でおなじみのF1マルチジャーナリスト尾張正博氏の新刊。1993年からF1取材を開始。2002年からは全戦カバー。連続取材数は203戦、通算250戦を超えるベテランがF1ドライバーの素顔とGPの知られざる姿を描く。

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中