「孤独なグルメ」に酔えるのは、ぼっちならでは

お一人様専門店も登場し、世は「一人客」に対し、受け入れ態勢を整えつつある。半面、仲間と過ごす人を“リア充”と呼び、一人でいることを“ぼっち”と自虐する層も増えている。果たして、「ぼっち」での行動はどこまで許容され、どこで屈辱を感じるのか。孤独感が浮き彫りになる休日に絞って、「ぼっち」の「OK/屈辱」の分水嶺を探った!

<飲食編>「孤独なグルメ」に酔えるのもぼっちの特権

焼肉,おひとりさま, やってみた ぼっちにとって、しばしば敷居が高いと言われる飲食店だが、本調査の結果はむしろ肯定的な声が多かった。

「チェーン店ではなく、こぢんまりとした個人店なら一人焼き肉も浮くことはない。『ハラミだけ大量注文』、『デザートからスタート』と偏っても文句を言われません」(31歳・男性)

「1時間待ちの人気の回転寿司には一人で行くと決めている。待っている間の話題などの気遣いをしないで済むのが楽」(30歳・男性)

 ただこれも、イベント性が強い店などは敷居が高くなる。

「監獄レストランやお化け屋敷居酒屋など、テーマ性が強い店は辛い。『あの人、一人で来てる』とカップルに言われて泣いて帰ったのは苦い思い出」(28歳・男性)

「代官山のカフェは完全に場違い。全身を値踏みされるような視線に心がズタズタに」(36歳・男性)

 とはいえ、この手の店は、往々にして味などたいしたことはない。純粋に食を追求するのであれば、一人であることは決してビハインドではないのである。

取材・文/青山由佳
― 「ぼっち」休日動態調査【6】 ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中