ニオイを嗅ぐことが仕事な人々

最近ちょっとしたブームの“あるある”本。いろんなジャンルがあるけれど、もう普通の“あるある”じゃ満足できん! てなわけで、さらにニッチな“あるある”が大集合。知らない世界を覗き見しつつ、共感しようにも共感しづらいビミョーな感覚をご堪能あれ!

◆臭気判定士あるある

あるある 臭気判定士とは悪臭防止法に基づき工場や事業所などから発生するニオイを採取し、測定や分析を行う国家資格だ。「人からは決まって『さぞ嗅覚が敏感なんでしょうね』と聞かれますが、大きな誤解。敏感すぎて実際のニオイよりも強く感じてしまっては正確な判定ができないので、十人並みの嗅覚であることが大前提なんです」(臭気判定士・石川英一さん)とは意外。

 もっとも、キャリアを積むことで訓練された結果、「日常生活でも、ほかの人が気づかないニオイを感じることはよくある」とか。

「ただ、臭気判定士は『クサい』とは表現しません。どの物質がどんなニオイか、分析データが頭の中に入っているので、『今、硫化水素したよね』などと物質名で言っちゃいますね。冷蔵庫の中の残り物も『アミンが出てきてるからダメだな』なんて完璧に判断できますよ(笑)。ほんのわずかなニオイの変化を捉える仕事ですから、現場の調査では細かいところまで神経を集中させます。空気を動かすとニオイの元がわからなくなるので、移動も静かにそろーりと。だから、日頃歩くときも足音を立てなくなります」って、忍びか!?

 当然、仕事現場にニオイを持ち込まないようにするのは基本。

「香水はつけないし、整髪料や洗剤は無香のものを使っています。ニンニクやカレーなども仕事前には食べません。体調管理にも気を配りますが、実は私、花粉症でして。ただ現場に入り集中すると、不思議と症状が消えるんです」とは、見上げたプロ魂っスね!

イラスト/花小金井正幸
― ニッチな世界の[あるある]大全【3】 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中