スバリスト垂涎のXVハイブリッドの実力は?

アベノミクスによる円安の恩恵を受けて爆発的に利益を伸ばしている自動車メーカー各社。なかでもスバルとマツダは、国内生産比率がともに7~8割と高いだけにウハウハだ。そんなスバルが待望のハイブリッドカー(HV)を発売する。そのプロトタイプにMJブロンディと部下のマリオ高野が試乗してきました!

スバルMJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆トヨタのお下がりなんかじゃない。スバル初のHVに乗ってみた!

MJ「マリオよ。お前が愛するスバルが絶好調だな」

マリオ「はっ。主力の北米だけでなく、日本国内でも好調です。昨年12月はインプレッサが車名別販売ランキングで5位に入るなど、前人未到の快挙続きであります!」

MJ「軽自動車の開発から撤退し、レガシィやインプレッサなど、得意のミドルクラス車の開発に専念した経営判断は、大当たりだったということだな」

マリオ「スバルの軽は、我々マニア受けは最高でしたので、撤退は断腸の思いでありましたが……」

MJ「どうせ新車など買えっこないド下流のオマエの断腸の思いなど、一銭にもならん。スバルはオマエを切ったことで再生したのだ!」

マリオ「よかったであります!」

MJ「インプレッサは、SUV仕立てのXVの投入で絶好調らしいな」

マリオ「はっ。スバル車はデザインがダサいことで有名でありますが、XVは世界中でデザインが好評でして、しかもオレンジとデザートカーキのボディカラーも人気となっております! 今回はそのXVにハイブリッドモデルが追加されるわけで、鬼に金棒と申せましょう」

MJ「で、新たに投入されるハイブリッドシステムの詳細は?」

マリオ「スバルの筆頭株主はトヨタ様でありますから、プリウスのシステムが移植されるという誤解があるようですが、まったくのスバルオリジナルのハイブリッドであります。スバリストとして喜ばしい限りです!」

MJ「私もオリジナルのハイブリッドシステムと聞いて驚いたが、厳密にはホンダの簡易型ハイブリッド+α、という程度のものではないか」

マリオ「2リッターガソリンエンジンに小出力のモーターを組み合わせておりますので、レクサスRXハイブリッドのようなバカッ速SUVではないですし、プリウスのような超低燃費でもないですが、経営的には、ハイブリッドであることが重要であると思うであります」

MJ「日本の一般大衆は、ハイブリッドならなんでも食いつくダボハゼだからな」

マリオ「日産セレナの超簡易型ハイブリッドシステムには圧勝しておりますし、ホンダのフィットハイブリッドなどよりも、システム的に少し上であります。加えて、ステアリングギア比を速くして、ハンドリングのクイック感を高めるなど、マニアックな改良もありますので、大衆受けとマニア受けを両立させた、すばらしいハイブリッドモデルであると確信しております!」

MJ「スバル車はトヨタ車と違ってスポーティで走りが楽しいと申すのであろう。が、私はトヨタ・アクアのオーナーとして断言するが、アクアのハンドリングは、このXVハイブリッドよりクイックであり、動きも軽快かつスポーティ。走りの楽しさは互角かそれ以上だぞ」

マリオ「はっ。アクアは軽いでありますから」

※【後編&写真】はコチラ
⇒「XVハイブリッドは個人的に最も欲しいスバル車」スバリスト・マリオ高野 http://nikkan-spa.jp/452793


― トヨタのお下がりなんかじゃない。スバル初のHVに乗ってみた!【1】 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中