クルマオタクには、ラテン系メーカーの並行輸入ディーゼルが人気

ハイブリッドカー天国の日本でも、マツダやBMWなどのディーゼル車を見かけることが多くなった昨今。同じディーゼル車でも、クルマオタクたちが見ているのは日本では正規販売されていない並行輸入モノの逸品。わざわざ正規販売されていないモノを買うなんて、と思われるでしょうが、そこにはこんな魅力がありました

並行輸入車

「並行輸入車はなんか怖い!」と思っておりましたが、今回の取材を通じて、いいお店に巡り合えればそんなことないかもと思った次第です(担当K)

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆オタク心をくすぐられる!日本未導入並行輸入ディーゼル【後編】

⇒【前編】はコチラ

 フランスやイタリアでは燃費のいいディーゼル車の人気が高く、販売の過半数がディーゼル。つまり、日本に正規輸入されているガソリンモデルは、人気薄の売れ残りみたいなものだ。オタクは常に本物志向なので、並行輸入のディーゼルに走るしかないのである。

 このクーボ、乗ってみるとさすが1300cc。かなり遅いしガラガラ言うし、宅配便の運転手になった気分だが、マニア心は大いに満たされた。もう楽しくてしょうがない。これがオタクというものである。

 私がクーボを買った変態的販売店「カーボックス横浜」では、現在、ラテン系メーカーの並行輸入ディーゼルモデルが人気があるという。

吉田社長:特に人気があるのがシトロエンの最高級セダン・C6のディーゼルモデルです。C6は不人気からすでに生産を終了しましたが、マニア的な評価は凄く高かった。そのディーゼルモデルに乗りたいというお客様がけっこういるんですよ

 C6のディーゼルエンジンは3リッターV6でトルクモリモリ。ロングドライブにはもってこいの欧州的高級車だ。

 C6は日本にも正規輸入されていたが、当然ガソリンエンジンのみ。あえてそのディーゼルに乗るのがシブイのである。

 アベノミクスによる円安で、ここ半年でユーロ相場は3割アップ。並行輸入業界には逆風だが、吉田社長によれば、「マニアは高くても買いますから。中古並行という手もありますし」と意に介さない。

 このオタク度の高さ、フトコロの深さが日本の底力だ。見栄を張れればそれでいい中国人とはステージが違う。

【結論】
大衆が見向きもしないマニアックなクルマでも、熱意さえあれば一応買える。それが日本のいいところ。レアな愛車に軽油を給油するときのこの優越感! 中国人には決して理解できないだろう。ざまあみろ

【フィアットQUBO(クーボ)】
【シトロエンC6】
取材協力/カーボックス横浜(http://www.carbox.jp/

― オタク心をくすぐられる!日本未導入並行輸入ディーゼル【2】 ―

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中