降ろして!と泣く子供まで…タイで恐怖の観覧車に乗ってみた

 今年3月にカンボジアのアンコールワットがある街、シェムリアップの遊園地で子ども用ローラーコースターに乗った日本人女性が転落死した。

 コースターはカンボジア製で8台のワゴンが連結。ワゴンを繋げるボルトの一部が外れたり、安全ベルトがなかったりと安全性に問題があったという。遊園地の支配人は事故後、行方が分からなくなっており、警察が捜している。

 タイにも遊園地は数か所あり、中高生のデートスポットとして人気がある。ときどき事故はあるが、客足が遠のいたというニュースはまったく入ってこない。そもそも事故が起こるか起こらないかは運次第と考えている節があるからなのだろう。

 タイの遊園地は数が少ないが、タイ人に遊園地に行ったことがあるかと聞くと、ほとんどの人が「ある」と答える。というのは、タイでは事あるごとに開催される地方や村単位の祭りに移動式遊園地がやってくるからだ。

 そんな移動式遊園地に記者が突撃してみた。

タイ, 遊園地, おバカ, まち情報, 海外

タイの繁華街を思い起こさせるような眩さの移動式遊園地

 この移動式遊園地、移動式だけあって、設備のクオリティーの低さが著しく、結構恐ろしい。

 例えば豆電車はレールに電気を流し、車輪を通してモーターに繋がっているのだが、柵があるわけでもないし、バシバシ火花を散らして走る。今にも感電するか爆発してしまいそうな気がして、見ている方が緊張する。他にも、転落防止の網などが設置されていないトランポリンや、45度という急角度で子どもたちはほぼ飛び降りる覚悟で臨まなければならないエアコンプレッサーで膨らます風船滑り台など、非常にワイルドでアグレッシブなアトラクションが取り揃えられている。

 怪しげな観覧車は大人も乗れるというので試してみた。もはやゴンドラというよりはカゴ。荷重に見合っていなさそうに細い鉄の棒一本でぶるさがっている。そのうちボルトが緩むか、棒が疲労で折れて落ちるのではないだろうか。発電機のようなモーターで回すためスピードは遅いのだが、サービスのつもりか、次の客が来るまで延々と回し続けている。後半、降ろしてくれとマジ泣きをする子どもまで現れた。いろいろな意味でスリルのあるアトラクションだった。

⇒【写真】怪しげな観覧車 http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=460687

 移動式遊園地の大半は各地にある興行団が運営していて、タイの演歌ショーとセットで開催されることが多い。有名歌手ではなく、その団体に所属する歌手やダンサーがショーを行う。

 一応はプロなのだが、歌唱力のみならずショー自体が学芸会並み。本来は見るに堪えないレベルなのだが、不思議とじっと眺めてしまう。タイ人の老若男女も見入っていたりするほどで、なにかタイ魂にインパクトを与えるものがあるようだ。

 歌手はいい歳のベテランだが、バックダンサーたちは高校も卒業していないのではないかというくらい若い子ばかりで、注がれるお父さんたちのエロ目線も熱い。「今日入団したのに夜にいきなりステージに上げられました」的に振り付けも全然憶えておらずバラバラ。ところが、この頼りなさが手に届きそうな、現実味のあるかわいさを伴っていて、スケベな妄想をぱんぱんに膨らませてくれる。

⇒【写真】若いバックダンサー
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=460688


 こういった移動式遊園地やショーはバンコク各地で開催されているので、もし見かけたら立ち寄ってみよう。射的や金魚すくいなど日本でも見かける遊びもあるので、懐かしい雰囲気も味わえることだろう。

 ただし、乗り物自体はかなりデンジャラスな上に、何か起きても「自己責任」となってしまう可能性大なのでご用心を……。 <取材・文・写真/高田胤臣>

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中