「ソロスの日本株買い」報道はタイミングがよすぎる!? カリスマ・トレーダーが考察

 昨年末からの株高・円安も最近は様子がおかしい。日経平均は乱高下が続いているし、1ドル103円代後半までいった円安も95円まで反落した。今、どんな戦略でも受けるべきか。やっぱり円売り?

「今は日経平均が『ドライバー』となり、為替市場を動かしています。日経が上がれば米ドル/円も上がるし、日経が下がれば米ドル/円も下がる。ただ、米ドル/円の一目均衡表を見ると、6月7日には下落トレンドへの転換を示唆する『三役逆転』が揃いそうなほどの急落を見せ、一時94円台まで反落。米ドル/円は、依然として上値が重い展開です」

⇒【一目均衡表】上値が重い米ドル/円
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=461659


ドル そう答えるのは、個人投資家からバツグンの信頼感を得る元シティバンクのチーフディーラー西原宏一氏。一目均衡表は20世紀初頭に生まれた日本由来のテクニカル分析。日本はもちろん海外投資家の間でも注目されているから、これがどちらを示すかは重要だ。

安倍政権

「ソロスが日本株買い」のウワサを流したのは安倍政権なのかも!?

「三役逆転して本格的にトレンドが転換すると90円割れもありそうだったのですが、三役が逆転する寸前の6月7日に、ジョージ・ソロスが日本株を買っているとの報道が流れ、日経平均は1万3000円台を回復、米ドル/円も上昇しました。うがった見方ですが、政府・日銀関係者が流した可能性はゼロとは言えない。そうした例はありましたし、今回の報道はタイミングがよすぎる」

 逆に言えば、それだけ政府の株高・円安にかける意気込みが本気ってことかも。では、早晩に円安は再開するのか?

⇒【中編】に続く『西原宏一「豪ドル売りに妙味あり!」』
http://nikkan-spa.jp/461645


【西原宏一氏】
シティバンク・チーフディーラー、DBSプロップディーラーなどを経て、’09年に独立。今、注目度ナンバーワンのプロトレーダー。初の著書『30年勝ち続けたプロが教える シンプルFX』が好評発売中

写真/産経新聞社
― カリスマ・トレーダー西原宏一が断言「豪ドル売りに妙味あり!」【1】 ―

30年勝ち続けたプロが教える シンプルFX

予約段階からAmazonの書籍売り上げで総合1位となるなど話題沸騰中。RCI3本使いの詳細や実践的なファンダメンタルズ分析など西原流FXの真髄が満載。

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中