ラブホテルで従業員がイヤがる行為とは?

何げなくやっていることが実は嫌われる原因になっていた……なんてのは、職場でも男女間でもよくあること。それはお店とお客の関係でも同様だ。クレーマーや明らかな迷惑行為は別にして、店側から見た[好かれる客/嫌われる客]の“ありがち言動”を、各業種のプロに聞いてみた! 今回は「ラブホ裏話」編。

ラブホテル【ラブホテル】
◯バスローブを畳んでおいてくれる客
×お風呂のお湯をためたままで帰る客


 ラブホテルの清掃担当のAさん(27歳・男)いわく、「お風呂のお湯をためたままで帰る客が一番イヤ」とか。それって何で!?

「バスルーム全体が結露してしまうんです。前のお客さんの痕跡を絶対に残しちゃいけないから、天井まで拭かなくちゃいけなくて超大変!」

 す、すいません、次からきちんと栓を抜いておきます!

「意外と多くて困るのが髪を切るお客さん。切った髪はちゃんとゴミ箱に捨てたつもりでも、短い毛はベッドや床に散乱するので、掃除が本当に面倒くさい。なぜか髪を染める人もいて、染料がシーツや絨毯についちゃってると落ちにくいからやっかいです」

 だが染料どころの騒ぎではないのが、血染めのベッド……。

「たぶん生理だったんでしょうけど、殺人現場みたいになってることも(苦笑)。そうなるとシーツだけじゃなく、全部取り外してマットごと替えるハメになる」

 弁償させるにも客の連絡先なんてわからないから、踏んだり蹴ったり。せめてバスタオルでも敷いてくれれば……つか、生理のときまで無理してやるなよ!

 Aさんによると、そもそも客に好印象を持つことはほぼなく、せいぜい「掃除の手間はまったく変わらないけど、バスローブやタオル類をきれいに畳んでおいてくれると、人間としてできた人だなとは思う」程度だそうだ。

 まれに「お疲れさまです。どうぞ飲んでください」なんてメモとともに飲み物の差し入れが置いてある場合もあるが、「申し訳ないけど、得体が知れなくて怖いんで、そのままゴミ箱行きの運命」。

 こりゃ、好かれるのは至難の業ですな。

イラスト/花小金井正幸
― プロが回答した[好かれる客/嫌われる客]白書【3】 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中