日本家電業界の歪みの象徴「ソニーのリストラ部屋」とは? 【清武英利渾身リポート】

近年、心臓部ともいえるエンジニアのリストラが相次いでいるというソニー。しかし、ソニーを退いた面々は枯れかかった本体をよそに、そのDNAをタンポポの種子のように飛ばし、根を張り、新たな生命を育んでいる。その逞しさの秘訣は何か。清武英利が追った

◆清武英利記者(巨人元代表)渾身リポート

御殿山テクノロジーセンター NSビル

品川の旧本社ビル。「御殿山テクノロジーセンター NSビル」の最上階。かつての役員室は現在、“リストラ部屋”に姿を変えている

「ソニー通り」と呼ばれた道が、東京の品川区にある。

 通りの起点と終点に対照的な生き方がある。「喜怒哀楽」の4文字で表すと、起点の周辺は「怒」と「哀」の人たちが多く、終点界隈に住む人々の表情は、「喜」と「楽」の色が濃いように見える。

 通りは北品川の御殿山から、JR五反田駅東口へと延びている。その起点は、8階建てのソニー旧本社ビルあたりだ。井深大氏と盛田昭夫氏が設立した「東京通信工業」は、ここから世界企業「SONY」へと駆け上がった。

 今、この旧本社ビルは、ニッポン家電業界のきしみの象徴である。ビルは「御殿山テクノロジーセンター NSビル」と改称され、キャリアデザイン推進部の東京キャリアデザイン室が置かれている。

 通称「キャリア部屋」。「社員がスキルアップや求職活動のために通う」と説明されているが、社員たちは「リストラ部屋」と呼び、新聞は、退職勧奨を受けた中高年社員の「追い出し部屋」と書く。

 キャリア部屋は3月に総勢250人に上った。厚木と仙台にも設けられ、ソニー通りには150人が通っている。彼らには仕事が与えられない。在籍すればするほど給与は減っていく。

 創業者の盛田氏は印象的な言葉を残した。欧米の経営者にはこんな講演もしている。

「あなた方は、不景気になるとすぐレイオフをする。しかし景気がいいときは、あなた方の判断で、工場や生産を拡大しようと思って人を雇うんでしょう。つまり、儲けようと思って人を雇う。それなのに、景気が悪くなると、お前はクビだという。いったい、経営者にそんな権利があるのだろうか。だいたい不景気は労働者が持ってきたものではない。なんで労働者だけが、不景気の被害を受けなければならんのだ。むしろ、経営者がその責任を負うべきであって、労働者をクビにして損害を回避しようとするのは勝手すぎるように思える」

◆’12年も1万人規模。日常化したリストラ

 ところが、リストラは現在のソニーでは日常風景と化している。出井伸之社長時代の’97年から早期退職プログラムを実施し、’03年に2万人、’05年1万人、リーマンショック後の’08年には1万6000人を削減した。’12年も1万人規模のリストラを発表し、管理職の3割削減を打ち出した。多額の退職金を手にした旧経営陣は痛みを感じないのだろうか。

「次の技術を開発する社員がいなくなることに問題はないのですか?」

 リストラをスタートさせた出井氏は最近、NHKから質問を受けて答えた。

「(問題は)あります。社員を辞めさせるためには、余計にカネを払うことになりますよね。そうすると、自信のある人から辞めるでしょうね。それはしょうがないです」

 シニカルな語り口は社員やOBに不興であった。会社をダメにしたのは誰なのか。リストラ部屋に残っている人にも、意地と事情がある。自分に自信がないから踏みとどまっているわけではないのだ。

⇒【次回】『ソニーを離れたエンジニアが咲かせる「花」』に続く
http://nikkan-spa.jp/462581


清武英利【清武英利氏】
’50年、宮崎県生まれ。立命館大学卒業後、読売新聞社に入社。社会部記者、東京本社編集委員等を経て’04年、読売巨人軍球団代表。’11年11月球団代表を解かれた

― [ソニー離脱エンジニアたち]の逆襲【1】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中