今さら聞けない「キュレーションサービス」って?

NAVERまとめ

NAVERまとめ

 ネットが普及して、情報発信・閲覧が簡単にできるようになったことで起きた情報の過剰取得「ネット疲れ」。ここ数年は、Facebookの利用者が増えるに連れて「Facebook疲れ」と呼ばれたりもしている(詳しくはこちら⇒http://nikkan-spa.jp/199461)。

 そんな時代を反映してか、ここ数年急速に増えているのが、NAVERまとめやTogetterに代表されるネットの「キュレーションサービス」だ。

「情報が氾濫し、そのソースが乱立するなかで、ユーザーは手軽に広範囲にわたる情報を欲している。話題のネタからビジネスの手掛かりまで、ニーズは人それぞれですが、もはや自分で情報を取捨選択する手間と時間を確保するのが難しくなっています」とはITライターの柳谷智宣氏。

 そもそも「キュレーション」とは、ネット上の情報を収集しまとめたり、収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有すること。「キュレーション」を行う人を「キュレーター」といい、その語源は図書館などの館長や管理者を指している。

「『キュレーションサービス』は、ユーザーがある話題に関する情報をすべて目にすることができないことや、『キュレーター』が意図すれば、ユーザーの受け取り方をコントロールできるなどの懸念もありますが、何といっても情報を効率よく摂取できるのがメリットでしょう」

Antenna

AntennaはiPhone、Android、PCでも利用できる

 なかでも最近、増えてきているのがスマホの「キュレーションサービス」だ。

「Antenna(http://antenna.jp/)は多方面にわたる記事を一覧できるほか、お気に入りを登録してマイクリップブックも作成できます。あまり興味のないニュースが多い配信先は無効にすることもできる。画像が大きく表示されるので、雑誌のような閲覧も可能です。動画再生にも対応したり、他の人をフォローすることも可能で、その人がフォローしたクリップブックを閲覧できるのも面白いでしょう」

 日本初のキュレーションマガジンとして2012年に登場したAntennaは、フォトマガジン形式で記事を読めるのが特長だ。

auスマートパス

6月6日にリニューアルした「auスマートパス」

「これに対して、タイムライン形式で自分に必要な情報を読めるのが、最近リニューアルしたauスマートパス(http://pass.auone.jp/)。インターフェースはコンテンツを際立たせるモノクロや手書き風などのデザインを選べ、アプリ、クーポン、生活情報などが流れるタイムライン情報は、最短5分~最長15分間隔で更新されます。いずれも情報の見せ方が特長的な『キュレーションサービス』です」

 auスマートパスは、サービス開始当初は曜日や時間帯に応じた情報編成で、ユーザーの生活リズムに合わせた情報がタイムラインに流れていたが、今後はさらに、ユーザーの1人ひとりのライフスタイルやライフステージに沿った最適な情報提供へと進化する見込みだ。

 では、こうした「キュレーションサービス」は今後どう進化していくのだろうか?

「ユーザーのニーズに合わせて、どんどん最適化されるサービスが登場するはず。また、今は限定的な情報ソースも、どんどん広くなっていくでしょう。将来は、有料でも完成度が高いサービスにユーザーが集まり、そこから新しいビジネスが生まれそうです」

 情報過多時代に脚光を浴びる「キュレーションサービス」。その進化に注目が集まる。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

関連記事

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中