バイきんぐ小峠、壮絶な害獣駆除現場を語る「もう二度としたくない(笑)」

バイきんぐ小峠英二

バイきんぐ小峠英二

 苦節16年の末、『キングオブコント 2012』で優勝を果たしたバイきんぐ。ツッコミの小峠英二さんは、売れない時期に長年、害獣駆除業者でアルバイトしていた経験を持つ。決勝当日も朝6時まで都内の現場でネズミと“格闘”していたという彼に、その体験談を聞いた。

「主にゴキブリとネズミの駆除会社なんですけど、最初は大群に遭遇したら女のコみたいに『キャァァァッッッ!』と大絶叫しました。でも、1、2か月すればゴキブリが襲ってきても、手でフワッと振り払えるくらいに慣れてきました」

 渋谷界隈での依頼も多く、某有名百貨店でも作業をしたと明かす。

「夜の飲食店フロアの廊下をネズミが大群で走り回っていましたね。ある中華屋さんには毎回同じネズミがいて、体長30cmオーバーの大物。賢いのか、こっちの罠を避けて全然捕まらない。でも社員さんは『こんなの小さいほうだよ』と40cmほどの巨大ネズミと記念撮影している写真を見せてくれて。『ネズミも、この人たちもマジでヤベェな』と思いました(笑)」

 現場を重ねても、捕獲されたネズミの“処分方法”は何度も小峠さんを苦しめたという。

「社員さんは捕まえたネズミをトリモチで挟んで、なれた手つきで首の骨をボキッボキッと折ってゴミ袋に捨てる。僕はどうしてもできなくて……、見ないように靴で何度も踏みつけたら、血だらけのネズミが『ピギィィィ!』と鳴くんですよ、これが……」

 さらに忘れられないのが、ある小料理屋の屋根裏での出来事だ。

「店に入った瞬間に異臭がして、経験上からネズミが腐ってるのはわかっていたんですよ。で、屋根裏を覗いたら、腐って溶けてドロドロになった死骸が電気配線と合体していて……。社員さんには一度『異常ありません!』と嘘をついたけど、結局バレて自分が除去作業するハメに。溶けたネズミがなかなか取れなくて、臭いしグロいし本当に地獄でしたね……」

 そんな壮絶な現場だけにさぞかし給料はいいのかと思いきや?

「時給は日中900円程度ですよ。ただ、作業自体はすごく楽で、トリモチをセットしたら長い放置時間がある。その間にコントを考えたりして、結果それがキングオブコントに繋がったと思います。今でも社員さんたちとは交流があり就職をすすめられるけど、もう二度としたくない(笑)」

 まさにネズミ駆除は、小峠の一発ギャグの「なんて日だ!」を発したくなるほど、超壮絶なのだ。

【バイきんぐ小峠英二】
’76年6月6日生まれ、福岡県出身。『キングオブコント2012』を歴代最高得点にて優勝した。SMA NEET Project所属

取材・文/青山由佳 加藤カジカ 吉岡 俊 撮影/山田耕司(本誌)
取材協力/東京マウス(http://www.tokyomouse.com/
― 渋谷で巨大ネズミが異常繁殖中【6】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中