バナナを食べ続けると若返りの効果がある?

バナナ 素早く栄養補給できたりすることで、アスリートはもちろん忙しいビジネスマンも好んで食べるバナナ。そんなバナナには、整腸作用のほか、免疫力を高めたり、肌のコンディションを良くしたりするなど、さまざまな効果が期待されているが、日本バナナ輸入組合とオルトメディコが実施した調査では、バナナの若返り効果が明らかになった。

 調査では30~49歳の女性14名を解析対象に、4週間バナナを食べ続けてもらい肌の変化を検証したところ、バナナを食べ続けたことで肌の弾力、油分値、水分値に改善効果が確認されたのだ。

⇒【詳細はこちら】http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=483606

 被験者にアンケートで自覚症状の改善状況を聞いてみたところ、バナナを食べ始めた4週後に「肌の潤い」など肌に関する幅広い項目が改善しており、バナナ摂取による肌の改善を参加者自身も自覚したそうだ。また試験期間中、被験者に記録してもらった排便に関する日誌を集計したところ、バナナを食べた4週間で1日1回の排便率が増加し、同時に排便なしは横ばい、1日2回は減少傾向だった。また、1回あたりの排便量については増える傾向にあり、バナナを食べ続けることで、質のよい排便習慣が身につくこともわかった。

 今回の結果を受けて、医学博士の松生恒夫は「人は、年齢とともに腸の弾力性が落ちて便秘がちになり、腸内のビフィズス菌の数も減っていきます。バナナは善玉菌を増やす食物繊維とフラクトオリゴ糖、整腸作用のある難消化性でんぷんも含んでいるので、胃への負担も少ない点でオススメ。加えて抗酸化作用が期待されるポリフェノールや、美容ビタミンと呼ばれるビタミンB群も豊富に含んでいるので、美容にも最適なフルーツと言えます」と、調査で明らかになったバナナの美肌効果を分析する。

 健康的でハリのある美肌を取り戻したいなら、バナナを朝夜1本ずつ食べる。これだけでカラダの内面はもちろん、外見も若返ることが期待できるだろう。 <文/日刊SPA!取材班>

関連記事

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中