バナナを食べ続けると若返りの効果がある?

バナナ 素早く栄養補給できたりすることで、アスリートはもちろん忙しいビジネスマンも好んで食べるバナナ。そんなバナナには、整腸作用のほか、免疫力を高めたり、肌のコンディションを良くしたりするなど、さまざまな効果が期待されているが、日本バナナ輸入組合とオルトメディコが実施した調査では、バナナの若返り効果が明らかになった。

 調査では30~49歳の女性14名を解析対象に、4週間バナナを食べ続けてもらい肌の変化を検証したところ、バナナを食べ続けたことで肌の弾力、油分値、水分値に改善効果が確認されたのだ。

⇒【詳細はこちら】http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=483606

 被験者にアンケートで自覚症状の改善状況を聞いてみたところ、バナナを食べ始めた4週後に「肌の潤い」など肌に関する幅広い項目が改善しており、バナナ摂取による肌の改善を参加者自身も自覚したそうだ。また試験期間中、被験者に記録してもらった排便に関する日誌を集計したところ、バナナを食べた4週間で1日1回の排便率が増加し、同時に排便なしは横ばい、1日2回は減少傾向だった。また、1回あたりの排便量については増える傾向にあり、バナナを食べ続けることで、質のよい排便習慣が身につくこともわかった。

 今回の結果を受けて、医学博士の松生恒夫は「人は、年齢とともに腸の弾力性が落ちて便秘がちになり、腸内のビフィズス菌の数も減っていきます。バナナは善玉菌を増やす食物繊維とフラクトオリゴ糖、整腸作用のある難消化性でんぷんも含んでいるので、胃への負担も少ない点でオススメ。加えて抗酸化作用が期待されるポリフェノールや、美容ビタミンと呼ばれるビタミンB群も豊富に含んでいるので、美容にも最適なフルーツと言えます」と、調査で明らかになったバナナの美肌効果を分析する。

 健康的でハリのある美肌を取り戻したいなら、バナナを朝夜1本ずつ食べる。これだけでカラダの内面はもちろん、外見も若返ることが期待できるだろう。 <文/日刊SPA!取材班>

関連記事

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中