熱狂的阪神ファンの中に敵チームのユニフォームで潜入

やってみたところで特段、役にも立たない。そして決して自分では試してみたくないけれど、日常で何となく気になっているギモンやモヤモヤを解消すべく、体を張って検証。その結果は?

◆熱狂的阪神ファンの中に敵チームのユニフォームで潜入したらどうなる

ヤクルト

ヤクルトのユニを来て向かうは黄色に染まったレフトスタンド

 阪神ファンというと、「日本一熱狂的で過激」「ヤンキールックが多い」「他球団のファンというだけで、友達にならない」「時には数の力で敵チームの応援席も乗っ取る」なんて評判をよく耳にする。では、そんなイメージの阪神ファンの真ん中に、他球団のユニフォームを着て紛れ込んだらどんなことになるんだろう? 

 そんな好奇心と若干の恐怖心を抱きながら、バックスクリーン裏でライトとレフトを自由に行き来できる神宮球場を本拠地に持つヤクルト戦でチャレンジすることに。

 ヤクルトユニフォームに身を固め、入場してバックスクリーン裏をうろついていると、1回表に阪神が先制。連中の機嫌がいいうちに!と、虎ファンで真っ黄色に染まったレフトスタンド側へ。

「アホかお前! こっちは阪神側じゃ! 引っ込め!」と虎ファンから罵声を浴びるかと思いきや、どうやら応援に夢中でこちらに気づく気配すらない。しめしめ、と思った矢先、球場係員が登場。

阪神

コンコースからスタンドに出るまでは意外に簡単。ただ、すぐに係員の餌食に……

「阪神側なのでそのユニフォームは脱いでください。それか出ていくか。トラブルになりますから、このままは絶対にダメです」

⇒【写真】熱狂的な阪神ファンでいっぱいのスタンド http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=491296

 え~っ!? まさかの係員ストップ!? 毅然とした態度で言われてしまった。この後も、係員の少ないところを狙ったり、スタンドに出てからユニフォームを着ようとしたりと、手を替え品を替え挑戦したが、どれも係員という敵に阻まれる始末。まさか、入場すらできないとは。もう、阪神ファンより係員のほうが遥かに手ごわい……。

 結局どうにもならず、4回くらいからはライト側のヤクルト応援席でしょんぼり観戦。しかし、このままでは使命が果たせない! そこで、係員もいなくなるであろう試合終了(しかもヤクルトの勝利)直後に再チャレンジ。

 すると、やはり係員は退場整備に勤しんでおり今度はあっさり奥まで潜入成功。周囲を見ても、係員の姿は見えないし、阪神ファンたちが逆転負けにうつむきながら帰るだけだ。いまさらだけど、ここで高らかに東京音頭!と、傘を広げて歌っていると……。

「兄ちゃん、ヤクルトファンか。最下位だし一回くらいは勝たせてやるわ」「この調子で巨人にも勝ってや!」と、見た目もいかついおっさん。激しいイメージのある阪神ファンだが、実は温厚なのか?

【検証結果】
ファンよりも係員に阻まれて、まともに潜入することができず

阪神

とにかく熱狂的な阪神ファン。だが、思っているほど怖い人ばかりではないのかも

― バカバカしいことに本気で挑戦してみました【2】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中