ホンダの“本気HV”は期待してもいいのか?【後編】

ハイブリッドカー市場では、アクアやプリウスを要するトヨタ政権が長期化しております。トヨタの一強。そんななか、2015年からF1復帰など最近、かつての勢いを取り戻しつつあるホンダが2つのハイブリッド(HV)を開発。トヨタに挑戦状を叩きつけてきました。その出来栄えは? 私の愛車・大和(ド中古の初代プリウス)で挑んでみました!

ホンダ

アコードHVを返り討ちにした大和の次の対戦相手はアクアを超えたというフィットHV。大和最後の出撃になるかも!?

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira masanobu

◆トヨタが独占するHV市場に待った!ホンダの“本気HV”は期待してもいいのか?【後編】

⇒【前編】はコチラ

 本当に凄いのか? 本当にトヨタのHVを上回ったのか? クルマがデカい分をハンデと考え、現行プリウスやアクアではなく、退役間近の我が大和(ド中古の初代プリウス)と比べてみた。

 一般道を数km、隊列を組んでノロノロ走った結果は、

大和/リッター20.6km
アコードHV/リッター18.4km
アテンザディーゼル(参考出走)/リッター14.7km


 大和強し! アコード破れたり!

 アコードHVのエンジンは4気筒2000cc。バッテリーに余裕がある時はエンジンを停止し、電気モーターだけで走るので静かで快適だが、エンジンがかかると、ちょっと安っぽい音がする。フル加速だとかなり唸る。この手のハイブリッドシステムは、電気自動車同様、スピードが遅ければ遅いほど燃費がいいが、飛ばすと急速に悪化するという宿命を負っている(逆にディーゼルは、高速巡航のほうが燃費も気分もイイ)。

 つまりアコードHVは、都心を這い回るハイヤーなどにはいいが、大容量バッテリーのせいでトランクが狭いこともあり、ゴルフやロングドライブ向きではない。価格も割高なので、海外ではまず人気は出ないだろう。

 日本経済にとっては、9月に発売されるフィットHVのほうが、はるかにプラス材料になりそうだ。

【結論】
日本製HVは、海外でもジワリとシェアを拡大しているが、それでもまだ国内6割のガラパゴス商品。さらに国際化を進めるためには、フィットHVの方向性がいいんではないかと愚考します

― ホンダのHVツートップ戦略【2】 ―

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中