「カワサキ・エフェクト」の由来とは?ムネリン第1子誕生で地元はフィーバー

川崎宗則

ブルージェイズ公式サイトより

 史上初の日米通算4,000本安打にあと3本に迫ったイチロー。次なる試合は現地時間20日(火)(日本時間21日早朝)から、本拠地ヤンキースタジアムでブルージェイズを迎えてのダブルヘッダーを含む4連戦だ。

 天才バットマンの記録達成は、この4連戦中が濃厚と見られるが、当のイチロー本人が真っ先に「おめでとう!」の声をかける仲間がいる。そう、昨年までのチームメイト、川崎宗則に、先週待望の第一子が誕生したのだ。

 アメリカ挑戦2年目の今シーズン、愛するイチローを追いかけ? 新天地トロントと契約したムネリンこと川崎は、傘下の3Aで開幕を迎えた。(川崎宗則移籍先決定!イチロー愛は成就?⇒http://nikkan-spa.jp/389209

 正遊撃手ホセ・レイエスの故障のため、昇格となった4月13日以降、2カ月以上に渡りメジャーで大活躍を見せた川崎が、ファンのみならずチームメイトの心を鷲掴みにしたのは記憶に新しい。(ムネリン、前代未聞の組織票でオールスター出場?⇒http://nikkan-spa.jp/447804

 その後、レイエスの復帰に伴い6月26日に降格となったものの、2日後の28日には再昇格を果たしたムネリン。(「マイナーリーガー・川崎宗則」の一日⇒http://nikkan-spa.jp/467311

 7月13日には再び3Aバッファローに降格されるが、夏場の1か月間は3Aチームの主力として活躍。マイナーでは異例となる「川崎Tシャツデー」なるプロモーションで、先着3,000名に川崎Tシャツが配られるなど、何処へ行ってもその人気ぶりは健在だった。

 Tシャツデーの翌日、8月14日に嬉しい3度目の昇格を決めた川崎は、先週、3日間の「父親リスト」と呼ばれる産休制度を利用してチームを離れた。念願の第一子誕生に立ち会うため、MLBが今季から導入した新たな試みを早速活用したのだ。昇格直後に堂々とこの制度を活用するあたりが、いかにもムネリンらしい。

B-JAYS twitter すると翌日、ブルージェイズ球団の公式ツイッター(@bluejays)は、川崎家に元気な男の赤ちゃんが誕生し、母子ともに元気な模様を伝えた。地元トロントを中心に瞬く間に拡散したこのツイートは、何と500回以上もリツイートされ、“ムネの息子と今すぐサインして!”などの書き込みが相次ぎ「#KAWASAKI EFFECT(川崎効果)」なる新しい言葉が誕生した。

 さて、気になる「カワサキ・エフェクト」の由来だが、地元ファンのツイートによると、今シーズン57勝67敗、借金10と苦戦続きのブルージェイズにあって、ムネリンのメジャー昇格時の成績は39勝33敗!ぶっちぎりの地区最下位のチームに、驚異の「貯金6」をもたらしている川崎の存在が、“川崎効果”なる流行語を生みだしたのだ。

ダレン君

3歳でバットボーイを努めたダレン君

 ツイッター上では『ムネと息子のダブルカワサキで効果倍増』『バットボーイで契約して!』『もうサインしたの?』など、“おめでとう以上”の愛情溢れるコメントで賑わっている。留まるところを知らないカワサキ人気は、見ているだけで心が和む。

 ひと昔前のMLBでは、監督や選手の子どもがバットボーイを務めるのは日常の光景だった。残念ながら現在のMLBには「バットボーイは14歳以上」という規定がある。これは2002年のワールドシリーズで、ジャイアンツ・ベイカー監督のひとり息子、ダレン君(当時3歳)が、本塁上のクロスプレーに気付かずバットを拾いに行き、あわや大ケガという教訓から学んだもの(実際は無傷で済んだ)。

 残念ながらムネリン親子のユニフォーム姿は見られそうもないが、ともあれ日刊SPA!編集部からも、ムネリン一家に心からおめでとうを申し上げます!

<取材・文/スポーツカルチャー研究所>
http://www.facebook.com/SportsCultureLab
海外スポーツに精通したライターによる、メディアコンテンツ制作ユニット。スポーツが持つ多様な魅力(=ダイバーシティ)を発信し、多様なライフスタイルを促進させる。日刊SPA!ではMLBの速報記事を中心に担当

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中