ホンダが来年発売するEVとPHEVの実験車両に公道試乗してきた!

【パーソナルモビリティ実証実験】

来年初頭に、トヨタがプリウスのPHEV(プラグイン・ハイブリッド)版を300万円以下で発売するようですが、ホンダも負けじと、来年中にEV(電気自動車)とPHEVを発売予定だとか。今回は市販を目指す2台の実験車両に公道で初試乗してきたので、その感想をプリウスαやリーフと比較しながら、ご報告させていただきます

西村直人=文 Text by Nishimura Naoto

ホンダは昨年、埼玉県と熊本県での「パーソナルモビリティ実証実験」を発表し、市販済みの電動バイクと電動カートを使った実証実験をスタート。発表当時は、3年以内に市販化としていたが、ここにきて12年には発売しようと、一気にスパートをかけている。今回は、そんなホンダの実験車両2台に試乗してきた。

まず、1台目はPHEV(プラグイン・ハイブリッド)の実証実験車。

インスパイアベースのPHEV

インスパイアベースのPHEV

インサイトやCR-Zに搭載している既存のハイブリッドシステム(駆動アシスト用モーター1個)ではなく、モーターを2個(発電用モーターをプラス)備えた新システムに、これまた新開発の2リッターエンジンを組み合わせたものだ。新システムとはいえ、プリウスのそれに近いシステムで、ボディはインスパイア。トランクは、リチウムイオンバッテリーが占有しているが、システムそのものは省スペースで成立するらしく、2つのモーター制御のカラクリからすると、もっと小さなボディでも十分いけそうだ。バッテリー容量を減らせば300万円以下でも売れるんじゃない? ちなみに、モーターの力だけで走るEVモードは25kmと、プリウスPHEV版の23.4kmよりも、ちょっとだけ長い。

もう1台はEV実証実験車

フィットベースのEV

フィットベースのEV。1台あたり約1億円の製作費だとか

フィットをベースにした車両で、リチウムイオンバッテリーを床下に搭載する。同じくリチウムタイプを積むプリウスαは、バッテリーを前座席の間に縦置きしているけど、こちらは前座席下にガソリンタンクがあるため、そのスペースを有効活用。おかげで車内への張り出しが一切ない。空のエンジンルームには、EVの心臓部であるモーターと制御装置が鎮座するが、これはホンダが誇る燃料電池車FCXクラリティと同型の同軸型駆動モーター。景気よくアクセルを踏み込むと、ギュウィーンとけっこう勇ましい音を奏でたりする。徹底的に音を絞り込んだリーフとは、そもそも考え方が違う。

残念ながら電費の実測値は教えてもらえなかったので、次のように試算してみた。

車載の距離計で確認した試乗ルートは約17kmで、走行可能距離が18km減った。公表されている航続走行距離160kmや東芝製バッテリーの性能などから逆算すると、バッテリー容量は16~18kwh程度と予想。実質電費は8.5~9.5km/kwhぐらいだろう。まあ、リーフよりも、ややいいぐらい?

⇒【後編】に続く EVの「静かな車内」「すぐれた加速性能」はどんだけスゴイのか?
http://nikkan-spa.jp/49611

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中