意外と知らない葬式マナー「戒名とお布施の相場は?」

どんなにノンキに生きていても、30~40代ともなれば葬式に出る機会も増えてくる。親だっていつまでも元気とは限らない。もしかしたら明日、いきなり喪主を務めるハメになるかもしれない。そんな、いざというときのために知っておきたい葬式とお墓に関するお役立ち情報を専門家に聞く!

◆[葬式]お坊さんはどこにどう頼む? 戒名って必要?

葬式 代々付き合いのあるお寺(菩提寺)の檀家でもなく、宗教者との接点もない場合、お坊さんは葬儀社に紹介してもらう方法のほか、「親族や地元の親しいご近所さん、町内会の長老格あたりに相談しても、適当なお寺を紹介してもらえることが多い」(葬儀ライター・奥山晶子氏)そう。神式やキリスト教式の場合も同様だが、「神式なら氏子となっている神社へ、キリスト教式なら故人の洗礼を行ってくれた神父・牧師(もしくはその教会)へまず相談するのがスジ」(同)とか。

 仏式の場合、お布施の額や戒名についても気になるところ。

「お布施はお経を読んでもらったり戒名を付けてもらうためお坊さんに渡すものですが、相場はケース・バイ・ケース。本来は自分が出せる額を支払うものなので、お坊さんに率直に尋ねてみましょう。ちなみに弊社が紹介した場合、戒名に信士・信女と付けてもらうと30万円、居士・大姉が50万円、院居士・院大姉が70万円、俗名なら20万円です」(佐藤葬祭代表取締役・佐藤信顕氏)

 一方、奥山氏は「私見だが、お布施は年収の10%程度が妥当。平均だと50万円くらい」と語る。

 ところで、戒名って必要なの?

「寺にお墓がある場合は絶対に必要。戒名は、お寺で面倒を見てもらうための会員権だと思ってください。ただ、特定の宗派を信仰しておらず、民営や公営の墓地に埋葬するのであれば、付けなくても問題ありません」(佐藤氏)

「戒名不要なら仏式の葬儀にこだわらず、無宗教葬などの選択もあります。それに戒名は生前に付けてもらうこともできるので、親と相談するのも一案です」(奥山氏)

【POINT】
仏式に戒名は必須。お寺で面倒を見てもらうための会員権と心得よ

イラスト/深川直美
― 30~40代のための[葬式&お墓]新常識【4】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中