スーダラ節にレーザー光線…[トホホな葬式]体験談

どんなにノンキに生きていても、30~40代ともなれば葬式に出る機会も増えてくる。親だっていつまでも元気とは限らない。もしかしたら明日、いきなり喪主を務めるハメになるかもしれない。そんな、いざというときのために知っておきたい葬式とお墓に関するお役立ち情報を専門家に聞く!

◆[ユニーク葬儀]でお見送り

 遺族の要望に合わせた葬儀をプランニングしているのが、創業11年の葬儀社アーバンフューネス。過去の事例では、故人が学生時代に応援団の団長を務めていたので、仲間に応援団服で来てもらい最後にエールを送ったり、祭りが好きだった故人のために出棺時に太鼓で見送るなど、いずれも個性的だ。

葬儀,残念な人「最初は9割の方が『普通にやってくれればいい』とおっしゃるのですが、まず故人がどんな方か、歩んできた人生などを伺います。たとえば『亡くなる前に家族とサザエのつぼ焼きを食べたがっていた』と聞けば、式場に七輪を置いてサザエを焼くなど具体的にご提案すると前向きになられるんです」(広報担当・中村雄一郎さん)

 葬儀の準備は、遺族にもあえて手伝ってもらうようにしている。

「その過程で心を整頓して、前を向いてもらうきっかけを提供できればと。見送るまでの時間で何ができるか提案するのもプランニングです。お通夜の食事にご遺族でカレーを作っていただいたことも」

 そうした結果、「やってよかった」という声が多いらしい。とはいえ、お値段もそれなりに……と思ったら、「プランニング料はいただいていないので、一般的なご葬儀と変わりません」とのこと。

 創業当時は業界で異端視されたという同社だが、最近では業績もアップしてきているそうだ。

◆二重に残念……[トホホな葬式]体験談

 しめやかに執り行われるはずのお葬式も、ひとつ間違うとビミョーなことに。

「友人のお父さんのお葬式のBGMが植木等の『スーダラ節』だった。いくら故人のカラオケの十八番だったからって、場違い感は否めなかった」(46歳・女)

 大往生ならそれもいいけど、若くして亡くなった場合はシャレにならない。

葬儀,残念な人「27歳で過労死した友人の葬儀がトンデモなかった。司会者は妙に流暢で演歌の曲紹介みたいな調子。出棺の際はスモークにレーザーが乱舞、『これより黄泉の国に旅立ちます』とのアナウンスでレールの上をお棺がスルスル……」(48歳・男)とは、演出過剰もいいところ。

 逆に「仕事帰りに夕飯も食べずに駆けつけた取引先の人のお通夜のあとの料理がショボかった。寿司はカピカピ、天ぷらは衣だけ」(35歳・男)なんて話もあるけど、そこは人として我慢しようよ。

― 30~40代のための[葬式&お墓]新常識【6】 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中