態度は悪いが悪意はない!? インド人の常識

何の気なしに口にする「フツーだったらさ~」というフレーズ。でもちょっと考えてみてほしい。その“フツー”って何だ? 平均か? 常識か? 大多数という意味か? 前提を共有しているからこそ成立する「普通」。所属する業界やグループごと、普通もいろいろなのだ。そこで今回は、インドの民族楽器・タブラの奏者ユザーン氏にインドでの“フツー”を語ってもらった

◆慣れはしても、納得はできないインドのフツー

ユザーン氏

ユザーン氏

 楽器(タブラ)の受け取りと先生のもとでの練習のため、毎年3か月ほどインドに滞在しています。常識の違いには慣れはしても、納得できないことは多いですね(笑)。

 まず、約束を守ろうとする人が少ない。頼んだ楽器はいつも期日にできていないし、ほかの人に売られてたこともある。約束の時間に先生を訪ねても、別の地方に行ってたり。最初は「嫌われてるのかな」と思ったけど、これがインドでは普通と後にわかって。わかれば、逆にこちらの遅刻なども許されるので意外と楽だったりします。なお日本に滞在したインド人は、みんなが約束を守ることに感激し、インドに帰ると「何だこの国は!」と怒りはじめます(笑)。

 日本から送ったクッキーが缶だけになって届いたり、物が盗まれることもあったけど、携帯電話は2回落として2回届きました。売ればお金になるのに、「頭が爆発してる日本人はいないか?」と探してくれて。まぁ結局、「どれだけ探すのに苦労したか!」と熱弁され、お礼を払わされましたが、基本的に悪意はない人たちです。

 僕は現地の言葉も話せますが、「ごめんなさい」にあたる言葉は今も知りません。足にお茶をこぼされたときも「熱いだろ!」と言われただけ。悪いことをしたほうが、なぜか舌打ちしたりする国です。

「日本ではさ……」と言いたくなるけど、相手に変わってもらうのは難しい。現地の文化に染まれない人は、真剣に生きていると疲れるので、「すれ違ってんなー」と違いを楽しむしかないですね。

【ユザーン氏】
インドの民族楽器・タブラの奏者。坂本龍一、七尾旅人などさまざまなアーティストとも共演する。年に3か月ほど滞在するインドからのツイート @u_zhaan をまとめた著書『ムンバイなう。』『ムンバイなう。2』が発売中

― そのフツーは「普通」なのか?【6】 ―

ムンバイなう。

絶妙なツイートと味わい深い写真をご堪能あれ!

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術
sponsored
提供元:NTTコミュニケーションズ  心もカラダも解放的になる夏――。とはいえ海、花火、フェス、キャンプ、BBQと満載の夏の予定とは裏腹に、さみしくな…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(16)
メンズファッションバイヤーMB
GUの590円スカーフは1万円の高級品に見劣りしない! プロの目も欺く開発力がスゴい
山田ゴメス
東京・西葛西に「リトルインド街」が誕生?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード07=リック・ルードの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第160回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
大川弘一の「俺から目線」
死ぬことが決まっている沼――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中