消費増税前に家を買ってはいけない!?

 住宅は消費増税前に購入するのと、拡充された住宅ローン減税を受けるのとではどちらがトクなのか?

マンション

駆け込み需要が起きつつあるマンション。購入は増税後がおトク!?

 消費増税前には、住宅や自動車、白物家電などをはじめとする高額商品を中心に「駆け込み買い」が起きやすい。この数か月、首都圏マンション販売が好調を維持しているのは、アベノミクスによる景気回復期待もさることながら、消費増税も影響しているのだろう。確かに高額な買い物では増税は大きな負担となるので、さっさと買ったほうがよさそうだ。しかし、政府は「住宅ローン減税」を拡充し、増税負担を軽減する措置が決まっている。家は本当に増税前に買ったほうがいいのか、それとも住宅ローン減税による節税メリットのほうが大きいのだろうか。

「シミュレーションした結果、3000万~7000万円の住宅ローンを組む人は、むしろ増税後に買ったほうが有利になるケースが多いことがわかりました」と話すのは、生活マネー相談室代表でFPの八ツ井慶子氏。

「マンションや一戸建てといっても、すべてに消費税がかかるわけではありません。物件価格のうち、増税による3%の負担増となるのは建物部分のみで、土地部分は非課税です。それと、政府は住宅ローン減税を拡充することを決めています。住宅ローン減税とは、年末におけるローン残高の1%が10年間継続して所得税から控除される制度。現在は最大で年間20万円(10年間で累計200万円)が控除されますが、’14年4月からは最大で年間40万円(10年間で累計400万円)と倍増します。つまり、消費増税の前後で、『増税による負担増』と、住宅ローン減税による『節税メリット』をじっくり比較する必要があるんです」

 そこで、八ツ井氏の協力のもと、住宅ローンごとにシミュレートしたのが下記の表だ。

※表はコチラ⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=515542

消費増税

夫、妻(扶養)、子供なしの家族を想定。住宅ローン減税額は最大まで享受できる年収があるものと仮定した

 例えば、建物が1800万円で土地が1200万円の物件を購入し、3000万円の住宅ローンを組むケースを見てほしい。

<来年3月末まで>
5%のときに支払う消費税は86万円。住宅ローン減税を最大まで享受できる年収があるとすると、来年3月末までに購入・入居したら、10年間で上限の200万円の還付を受けることができる。差額は114万円。

<来年4月以降>
8%に上がると、支払う消費税は137万円。住宅ローン減税は上限が400万円に拡大され、273万円が還付されることになる。借入額は3000万円なので、単純計算すると10年間で300万円還付されるのだが、返済で徐々に減っていくと試算しており、300万円よりやや少ない金額となっている。消費税と減税の差額は136万円だ。

 比較すると、消費税が8%になってからのほうが節税メリットは大きいことがわかる。

⇒【次回】「消費増税後に不動産は値下がりする?」
http://nikkan-spa.jp/515526


【八ツ井慶子氏】
生活マネー相談室代表。CFP。家計の見直し相談センターを経て独立。宅建や日本証券アナリストの資格も保有。執筆・講演活動など多数

― 消費増税前に家を買ってはいけない!【1】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中