LINEは浮気がバレやすい!?

浮気

浮気経験アリ400人に調査すると、等身大の浮気事情が見えてきた!

 長く付き合った彼女がいても大切な妻がいたとしても、男子たるものいい女がいれば、浮気の一つもしてみたいものだ。週刊SPA!の調査によれば、30~40代サラリーマンの実に2割の人が浮気経験があるという。

 とはいえ、給料は上がらず、週末は家族や彼女にスケジュールを押さえられがちなのに、普通のサラリーマンはいったいどんな浮気をしているのか!?

 10/8発売号の週刊SPA!「[サラリーマンの浮気](秘)報告」では、浮気経験アリの男女400人にアンケートを実施。「密会の場所」「デート代」「浮気バレ予防策」などについて、現役浮気リーマン&女性たちのスタイルに密着を試みた!

 また、アンケート結果を踏まえたうえで、「普通のサラリーマンが浮気をするうえで重要となる8つのキーワード」をトピックス化。ここに、等身大の浮気最前線が見えてくる。

【TOPICS】LINEを使うと、嫁や彼女に浮気がバレやすい!?

 浮気相手を探すツールとしてスマホアプリは安定した人気を誇る。アンケートでも25%が浮気相手をネット上で見つけ、なかでもLINEは出会いアプリとしても定番になりつつある。だが、真の浮気熟練者は、もはやLINEを利用していないという。

「以前はよく使っていたけど、LINEは今や定番になっていて、嫁も日常的に使うのでバレるリスクが高いと判断。今はライブドアの『YYC』というアプリを使っています。昔は人気の出会い系サイトで、20~30代の人妻を中心に釣れます。さすがにサクラも多く、入れ食いとはいかないが、オイシイ思いは何度かしています」

 そう語るのは、浮気歴15年の自営業の矢沢直樹さん(仮名・43歳)。現在は彼のような浮気慣れした男性ほどLINE離れの傾向にあるそうだ。これまで数多くの浮気調査を行ってきた探偵の今野裕幸氏も「浮気にLINEを使うのは危険」と指摘する。

「誰もが使うアプリなので余計な勘繰りは避けられます。しかし、第三者に見られやすく、パートナーがアプリを調べる可能性を考えると、オススメはできませんね」

 また、浮気目的で使う際、面倒なのが履歴の削除。アンケートでは浮気経験者の約6割が「通話・メール履歴を残さない」との結果も。そんななか、人気を集めるのが履歴の残らない出会いアプリだ。浮気歴5年の会社員の赤崎恒彦さん(仮名・39歳)は「履歴に残らない『らくがきライブ』というアプリは愛用していた」と話す。

「ただ、出会いアプリとしてはあまりに有名になりすぎ、スマホに入れていただけで嫁に『浮気してんじゃないの?』と疑われたんです。そこで、今はゲームアプリを出会いアプリ代わりに利用しています」(赤崎さん)

 実際、掲示板やチャットなどの機能を搭載しているゲームアプリもあり、出会いの場と化しているところも少なくない。

「ウチの嫁は定期的に僕のスマホをチェックするが、友人や会社の同僚としか繋がっていないLINEばかり調べている。まさかゲームアプリで浮気相手を探すとは夢にも思ってないんでしょうね」

 ほかにも、「出張浮気」「社内浮気」「年収300万円以下で愛人を持つ“ド底辺浮気”」についての最新エピソードや、「男よりも凄い、不倫女たちの超絶エピソード」まで収録。浮気に興味がない人も、いつ浮気の波に飲み込まれるかもわからない、まさに「明日は我が身」なこの時代。浮気している人は言わずもがなだが、浮気してない人もぜひご一読を! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

【今野裕幸氏】
探偵社「SPLASH」代表。年間約1000件の依頼が来る浮気調査のエキスパート。テレビやラジオ出演のほか、探偵学校の校長を務め、幅広く活躍。近著に『浮気がバレる男、バレない女』(フォレスト出版)がある

浮気がバレる男、バレない女

「まさか!?」のときに役立つ裏知識

週刊SPA!10/15・22合併号(10/8発売)

表紙の人/NMB48

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中