LINEは浮気がバレやすい!?

浮気

浮気経験アリ400人に調査すると、等身大の浮気事情が見えてきた!

 長く付き合った彼女がいても大切な妻がいたとしても、男子たるものいい女がいれば、浮気の一つもしてみたいものだ。週刊SPA!の調査によれば、30~40代サラリーマンの実に2割の人が浮気経験があるという。

 とはいえ、給料は上がらず、週末は家族や彼女にスケジュールを押さえられがちなのに、普通のサラリーマンはいったいどんな浮気をしているのか!?

 10/8発売号の週刊SPA!「[サラリーマンの浮気](秘)報告」では、浮気経験アリの男女400人にアンケートを実施。「密会の場所」「デート代」「浮気バレ予防策」などについて、現役浮気リーマン&女性たちのスタイルに密着を試みた!

 また、アンケート結果を踏まえたうえで、「普通のサラリーマンが浮気をするうえで重要となる8つのキーワード」をトピックス化。ここに、等身大の浮気最前線が見えてくる。

【TOPICS】LINEを使うと、嫁や彼女に浮気がバレやすい!?

 浮気相手を探すツールとしてスマホアプリは安定した人気を誇る。アンケートでも25%が浮気相手をネット上で見つけ、なかでもLINEは出会いアプリとしても定番になりつつある。だが、真の浮気熟練者は、もはやLINEを利用していないという。

「以前はよく使っていたけど、LINEは今や定番になっていて、嫁も日常的に使うのでバレるリスクが高いと判断。今はライブドアの『YYC』というアプリを使っています。昔は人気の出会い系サイトで、20~30代の人妻を中心に釣れます。さすがにサクラも多く、入れ食いとはいかないが、オイシイ思いは何度かしています」

 そう語るのは、浮気歴15年の自営業の矢沢直樹さん(仮名・43歳)。現在は彼のような浮気慣れした男性ほどLINE離れの傾向にあるそうだ。これまで数多くの浮気調査を行ってきた探偵の今野裕幸氏も「浮気にLINEを使うのは危険」と指摘する。

「誰もが使うアプリなので余計な勘繰りは避けられます。しかし、第三者に見られやすく、パートナーがアプリを調べる可能性を考えると、オススメはできませんね」

 また、浮気目的で使う際、面倒なのが履歴の削除。アンケートでは浮気経験者の約6割が「通話・メール履歴を残さない」との結果も。そんななか、人気を集めるのが履歴の残らない出会いアプリだ。浮気歴5年の会社員の赤崎恒彦さん(仮名・39歳)は「履歴に残らない『らくがきライブ』というアプリは愛用していた」と話す。

「ただ、出会いアプリとしてはあまりに有名になりすぎ、スマホに入れていただけで嫁に『浮気してんじゃないの?』と疑われたんです。そこで、今はゲームアプリを出会いアプリ代わりに利用しています」(赤崎さん)

 実際、掲示板やチャットなどの機能を搭載しているゲームアプリもあり、出会いの場と化しているところも少なくない。

「ウチの嫁は定期的に僕のスマホをチェックするが、友人や会社の同僚としか繋がっていないLINEばかり調べている。まさかゲームアプリで浮気相手を探すとは夢にも思ってないんでしょうね」

 ほかにも、「出張浮気」「社内浮気」「年収300万円以下で愛人を持つ“ド底辺浮気”」についての最新エピソードや、「男よりも凄い、不倫女たちの超絶エピソード」まで収録。浮気に興味がない人も、いつ浮気の波に飲み込まれるかもわからない、まさに「明日は我が身」なこの時代。浮気している人は言わずもがなだが、浮気してない人もぜひご一読を! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

【今野裕幸氏】
探偵社「SPLASH」代表。年間約1000件の依頼が来る浮気調査のエキスパート。テレビやラジオ出演のほか、探偵学校の校長を務め、幅広く活躍。近著に『浮気がバレる男、バレない女』(フォレスト出版)がある

浮気がバレる男、バレない女

「まさか!?」のときに役立つ裏知識

週刊SPA!10/15・22合併号(10/8発売)

表紙の人/NMB48

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中