2013年の台風上陸、多くないか?

台風,自然災害

26号通過後の海の様子(神奈川県)

 大島などに大きな被害をもたらした26号ウィパーが去って間もないが、すでに27号フランチェスコが、26号以上の勢力でありながらも、26号と同じようなルートを取るかもしれないことになっている。それだけならばまだいいが、さらにマーシャル諸島沖で28号レキマーまで発生。2つの台風が発生した時に、相互に干渉しあって進路などが複雑になる「藤原の効果」も予想され、予断を許さない状況だ。

 それにしても、今年はやけに台風が多い気がするが、過去のデータと比較するとどうなのだろう?

◆史上最多の台風発生数は、年間39個

 史上最多の発生数は1967年の39個となる。近年では1994年の36個が史上2番目の多さとなっているが、2000年台に入ってからは2004年の29個が最多となっている。

◆台風の最多上陸数は2004年の10回

 今年も台風の上陸が多い気がするが、最多上陸数は2004年の10回。同年の台風総数は前述の通り29号までだったので、実に3号に1回は上陸をした計算。そのため、台風による犠牲者や被災者が数多く出たほか、経済への打撃も深刻なものとなった。原因は例年よりも太平洋高気圧の位置が北に位置していたため、高気圧の縁を辿る台風がドンピシャで本州を縦断するコースをとりがちだったことなどが挙げられている。

 この年も被害が大きかった台風は10月に発生。22号のマーゴンと23号のトカゲによる被害は甚大で、22号は最大瞬間風速67.6m/s(静岡県南伊豆町石廊崎)、戦後最大級とされる恐るべき威力で、カテゴリー5のスーパー台風とされた。続く23号は、秋雨前線を巻き込んで大雨となり、全国で98人の死者・行方不明者という大きな被害を残した。

 ちなみに、この2つの台風や室戸台風、伊勢湾台風なども、26号と同じような進路なのだ。

 甚大な被害を受けた大島はまだ復旧もままならない状態だ。27号、28号の進路が逸れることを願わずにはいられない。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中