リスク管理!? セクハラ対策で「女性はスカート禁止」

一般的には「法令遵守」と訳されることの多い「コンプライアンス」。本来は従業員のためでもあるはずが、ともすると本末転倒の事態にも。コンプライアンスに踊らされる職場模様を見ていこう。

◆セクハラ

セクハラ,コンプライアンス 相手からの言動を、「嫌がらせ」と感じるかどうかは、両者の関係性で決まる……というのが、セクハラ・パワハラの難儀なところ。

「セクハラ、パワハラがあれば、出勤一時停止→降格→諭旨解雇or懲戒解雇という処罰。その基準は謎で男性が圧倒的不利」(35歳・男・IT)と判断基準も難しい。

 そのため、「女性はポロシャツやワイシャツの第1ボタンまで留める。理由は胸元が見えないようにするため」(38歳・女・商社)、「仕事中はスカート禁止」(36歳・女・製造)と、女性の洋服を制限するなど、リスクの芽は元から摘む的にルールは生まれていく。

 多かったのが、社内恋愛禁止。「公になったら社員ならどちらかが異動、派遣ならどちらかが退社」(35歳・男・通信)、「社内恋愛は社長から直々に男にだけ『絶対手を出すな』と釘を刺される」(28歳・女・出版)なんてのも。

 セクハラ講習会を行う企業は多いが、「実際に社内の相談窓口に寄せられたセクハラの被害事例が暴露される。さすがに匿名だけど本人がその場にいたら恥ずかしいだろう」(37歳・男・IT)と、単なる見せしめの会になることも(むしろ効果的なのかも!?)。

 パワハラもいろいろ。「飲み会で一発芸をふったり無理やりカラオケで歌わせると、『嫌がることを強要した』とコンプライアンス違反。結果、飲み会がまるで盛り上がらない」(32歳・男・銀行)ことに。

 最近では、「『え? こんなプログラムも書けないの?』的な、テクハラ=技術的威圧もある」(35歳・男・IT)とかで、職場は地雷だらけだ……。

― 今日も職場はコンプライアンスに大忙し!【2】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中