彼のイクメンぶりに惚れた!? 不倫OLの主張

アラフォー=熟男の領域に達した男たちの恋愛事情は何ともさびしい限り。恋愛市場からはすっかり取り残されがちだ。しかし、今どきの若い女子が求めるアラフォー男の特徴は明らかに変化している様子。その実態に迫る!

◆子持ちはむしろ好印象。イクメンぶりに惚れた!

●橋本優奈さん(仮名・27歳・SE)

イクメン,不倫 システム会社のSEとして働く優奈さんは、現在、同じ会社に勤めるコンサルタントと不倫中だ。

「彼はコテコテのイクメン。社内報にも、家族で潮干狩りに行きましたなんて写真を載せちゃうタイプ」と、優奈さんは話す。

 子供の保育園の送り迎えは妻ではなく、ほぼ彼氏の担当で、残業は拒否して残務は自宅。飲み会も来ない。そんな人と、どうやって付き合い出したのか?

「彼が車で通勤した日、自宅が近い私をたまたま送ってくれたんです。そのとき、育児の楽しさや苦労を聞かされて、『ちゃんとしている人だな』って思ったんです。チャイルドシートがついているのもむしろ好印象でした」

 そんなことが2~3度あり、「ウチに上がりますか?」と誘ったのはむしろ優奈さんのほうだった。

「今は平日の夜や土日に子供を習い事に行かせている間にウチに寄って、セックスしたりお茶飲んだり。仕事と育児を両立している彼は本当に尊敬します」

 彼氏からは「離婚はない」と釘を刺されているが、優奈さんにも「その気はない」と言う。

「結婚するならやっぱり同世代かな。不倫って所詮ファンタジーだから。30歳までには彼との関係も終わらせないとって思ってます」

<ココをマネしろ!!>
イクメンは男の魅力!さりげなくアピールしろ

イラスト/ただりえこ
― [モテる熟男(ウレメン)]の新基準【2】 ―

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中