朝日新聞「乃木坂と、まなぶ」担当者が語る「乃木坂46」推しの理由

乃木坂46,朝日新聞

「乃木坂と、まなぶ」のトップページ

 週刊SPA!11月12日発売号で新センター堀 未央奈さんの撮りおろしグラビアなどを交えて特集を組んだアイドルグループ「乃木坂46」。

「真面目さと清楚なイメージ。そしてメンバー同士の団結力の強さですね」と、彼女たちの魅力について語ってくれるのは、乃木坂46とのコラボ連載を展開する朝日新聞「乃木坂と、まなぶ」担当者。同紙は今年から、乃木坂46のメンバーが著名人にインタビューをしたり、授業形式で政治経済などについて学ぶ企画を紙面とデジタル版で連載しているのだ。

「この連載を企画したのは、ニュースになるような出来事を乃木坂46のメンバーに議論をしてもらうことで、若い読者や大人にも一緒に考えてもらいたいと思ったからです。『面白ければいい』ではなく、知的イメージのある乃木坂46なら、ニュースを学ぶ連載にも真剣に向き合ってくれると思いました。実際に連載を始めてみると大成功。政治・経済・いのちなど授業のテーマは難しいときもあると思いますが、彼女たちはいつも手を抜かず、真剣に議論をしてくれています」

 現在、朝日新聞デジタル版「乃木坂と、まなぶ」には動画コンテンツなどが大量に取り揃えられ、一部ファンからは「公式よりもすごいのでは?」という声すらあるほど。現場の担当者は乃木坂46をどう見ているのか。同連載に関わる複数のスタッフがコメントを寄せてくれた。その一部を紹介したい。

「撮影現場では、こちらまでなごむほどメンバー同士がほのぼのしています。収録の合間にもよくじゃれていて仲の良さを感じるし、ライバルというより一緒にがんばる仲間という感じですね。大人数でも乃木坂46としての団結心が強いんだなぁと。授業の企画では彼女たちの考えていることを発言してもらっていますが、これがまた“優しい視点”の意見が多い。妙なウケ狙いに走らないところが逆に好印象ですね。なにより、自然体で発言しているのに品を失わないところはさすがですね」(Y氏)

「積極的に手を挙げて、自分の意見をちゃんと述べるコたちが多くて驚きました。みんな挨拶をきちんとして、礼儀正しいですよ」(A氏)

 ほかにも、乃木坂46の“真面目さ”が垣間見えるエピソードが、次々に出てくる。

「『あなたがもし母親になったら?』という『命』に関する授業(12月配信予定)をしたときのこと。状況を思い浮かべて、目に涙を浮かべるメンバーの姿も。『皆、優しくていい母親になりそうだな』と、ファインダー越しから見ていました」(T氏)

「自殺を取り上げた授業の収録後に、読者へのメッセージ付きサイン色紙を書いてもらったのですが、衛藤美彩さんがペンを走らせながら、ふと『私達の仕事ってこういった悩みを抱えている人を救う力になれるはずだよね』とつぶやきました。こんなことを口に出せるとは……。彼女のアイドルとしての責任感の強さを見た気がしました」(Y氏)

 また、メンバーはそれぞれ個性的で、印象の強いコも多いという。

「生駒里奈さんはどの写真・動画を見ても表情が豊かで、一つとして気を抜いた顔がないんです。必然的に写真・動画への登場回数が増えますよね。積極的な発言や他メンバーへの突っ込みなどは、さすがは乃木坂の“顔”だな、といつも思います」(T氏)

「永島聖羅さんはいつも明るくてムードメーカー。彼女が発言するのをメンバーも期待している感じがします。言うことも面白いです」(A氏)

「樋口日奈さんはまだ若いのに、授業ではいつも積極的に手を挙げ、しっかりした意見を述べます。だから『乃木坂と、まなぶ』の動画では常連的な存在です」(O氏)

「松村沙友理さんは『さゆりんごパーンチ』が印象的で、ポワポワっとした雰囲気のキャラですが、実は彼女は賢いです。よく物事を見ていますね。コメント撮りも間違いがなく安心です」(Y氏)

「『よのなか科』コーナーの授業が終わった後、ほかのメンバーが控室に戻るなか、市來玲奈さんが、先生役の藤原和博さん(元・東京都杉並区立和田中学校校長)に駆け寄って質問をし、長い間話し込んでいました。真剣度に驚きましたね」(O氏)

「秋元真夏さんが取材記者体験をした時、取材対象の表彰式の準備待ちの時間がありました。秋元さんは座っていればよかったのですが、誰に言われることなく熨斗袋を整える担当者のところにちょこちょこと向かい、一緒に袋詰めを手伝い始めました。ゲスト気分のアイドルだったらできなかったことでしょう」(Y氏)

 “乃木坂・愛”に溢れるコメントを寄せてくれた朝日新聞「乃木坂と、まなぶ」スタッフの皆さん。そんな熱い支持も得て、乃木坂46の大躍進は、これからが本番となりそうだ。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

●「乃木坂と、まなぶ」(http://www.asahi.com/edu/nogizaka46/
●LINE@(@asahi-nogizaka46)で更新情報を配信中

※週刊SPA!11月12日発売号掲載の乃木坂特集はグラビアに登場した堀 未央奈さんのサイン入りチェキプレゼント付き! まだ公式サインが決定する前だったので直筆で名前を書いて貰ったという感じですがある意味レア! 本誌掲載の応募券添付の上、どしどしご応募ください!

週刊SPA!11/19・26合併号(11/12発売)

表紙の人/前田敦子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中