タイで世界大会を開催する、華僑ならぬ「和僑」って何?

「和僑」というものがあるそうだ。華僑なら聞いたことがあるが、和僑って一体……?

 和僑とは「海外生活をする邦人の共存共栄、相互扶助や地域社会への貢献」を目指そうという、まさに華僑のコミュニティーを真似た集団で、香港に暮らす日本人の一部が言い出した造語なのだ。

 2004年に香港で和僑会が発足し、その後アジアを中心に支部が増加している。現在は18都市、およそ1000人の会員を抱える。

 そして、11月22日と23日にはなんと、和僑会の世界大会が開催され、それはもう5回目になるのだとか。

和僑

タイ王国和僑会の幹事・小田原靖氏

「一応代表者などはいますが、あくまで個の集まりであり、互いに助け合うというのが和僑会です」

 2009年に始まったタイ王国和僑会の幹事を務める小田原靖さんが語る。

 実は和僑会には、日本にも数か所ほど支部がある。

「日本の支部は、これから海外に進出したい、という方が参加されています」

 現在タイの和僑会会員はおよそ50名。他国の支部もそうだが、基本的には海外で頑張りたいという気持ちが入会条件で、多くが自営業者になる。とはいっても、会員であるかないかは特に重要ではないそうだ。

「ユルい団体ですから。元々は年に1回程度集まって元気だったか確認しあう集まり。今は互助会らしくなってきましたが、海外に住む日本人みんなで助け合いながら盛り上がっていこうというだけです。そういう意味では日本人であれば誰でも和僑会の一員ですよ」

⇒【写真】タイ王国和僑会定例会の様子
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=537778


和僑

タイ王国和僑会定例会の集合写真

 バンコクでは微々たる会費を徴収するが、支部によっては実費で飲食代をもらうだけのところと、とにかく適当でユル~い集まりなのだと小田原さんは笑う。

 そんなタイの和僑会が毎年の持ち回りもあって、今年、世界大会を執り行う。昨年はシンガポールにて行われ、およそ250人の参加者だったところ、バンコク大会では1000人参加をぶち上げている。もちろん会員以外での参加も歓迎で、むしろ世界中の会員よりも非会員の参加人数の方が多くなる見込みだ。

和僑

世界大会開催はバンコクでマスコミを集めて発表された

「目玉は経営コンサルタントなどで有名な大前研一先生の講演です。ほかにも様々な業界の前線で活躍される方々の講演も用意しています。また、いろいろな企業の物産展と参加者全員による大交流会も注目です。異業種間で交流していただき、そこからこれまでにないビジネスが生まれる場になればと願っています」

 タイという場所柄もあるが、昨年の4倍の規模を見込める巨大な会合に日本人の海外進出への興味の高さがうかがえる。東南アジアに興味のある方、とりあえず和僑会世界大会で和僑になってみるのもありなのかもしれない。

<取材・文/高田胤臣 取材協力/タイ王国和僑会幹事 小田原靖 http://www.thaiwakyo.com

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中