海外進出し始めたラーメン業界の裏側とは?

チェーン店, ビジネス, ラーメン, 業界裏事情, 海外, 食品, 飲食店 近年、日本のラーメン店の海外進出が盛んだが、特にタイ、シンガポール、インドネシアなど東南アジアへ出店が多い。「博多一風堂」「山頭火」などの有名チェーン店や、東京を中心に展開する人気店「東京らーめんけいすけ」や「ラーメン凪」なども、東南アジアに複数の支店を出し、成功を収めている。

 このラーメン店の海外進出ラッシュについて、海外のラーメン事情に詳しい東京都新宿区にある人気ラーメン店「ぼり・うむ」の店主、清水博丈さんが語ってくれた。

「ご承知の通り、日本のラーメン市場はもう飽和状態です。そこに近年、橋渡しをするブリッジカンパニーみたいなものが出てきました。後は地元の有力企業や商社などから声かけられることがあるみたいですね。特にシンガポールに出している店舗は好調だと聞いています。また、当初は失敗するだろうと思われていたのに成功したのはインドネシアですね。インドネシアはイスラム教徒の国なので、豚肉や豚骨スープを使うことの多い、日本のラーメンは成功しないと思っていましたが、2億人以上も人口がいて、イスラム教以外の宗教の方で、ラーメンを食べる人が意外に多かったらしく、大成功のようですね」

 ただ、海外進出にはさまざまな落とし穴も存在するようで。

「例えば、タイの某商社などが『レシピを教えてくれて、屋号を貸してくれれば管理は全部自分たちでやる』と言ったものの、いざ蓋を開けてみると、本店から渡した通りのレシピでラーメンを作らなかったり、勝手に『トム・ヤム・クンラーメン』などメニューを追加したりと、管理がずさんなんです」

 管理がずざんなだけではなく、あくどい手口でお店の権利を実質的に奪われてしまうこともあるとか。

「最後は契約不履行みたいな感じに追い込んで、日本のラーメン店に契約を破棄させて、後は自分たちで勝手にやってしまうという手口もあると聞いています」

 中にはこういった手口に引っかかり、失敗した有名店もあるとのこと……。海外進出する際は現地食事情に詳しい誠実なパートナー選びも重要だ。清水さん自身も一度、海外進出の話を具体的に動かして酷い目にあったという。

「私のところにも『海外に店舗を出しませんか?』みたいなFAXやDMがしょっちゅう届きます。一時期、アメリカのカリフォルニアから話がきて『ニューヨークでもシカゴでもお好きなところにどうぞ』という話だったので、話を聞いてみると、3000万とか物凄い金額を提示されたんです。そして、呆れたのは先方が、現地の保健所や建物の検査基準を把握してなかったんです。この話をし出したら黙り込んでしまいました(苦笑)」

 日本のラーメン業界が海外で活躍している一方、中にはこんな“黒い話”もちらほらあるようだ。 

※写真はイメージです<取材・文/トモMC>

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中