海外進出し始めたラーメン業界の裏側とは?

チェーン店, ビジネス, ラーメン, 業界裏事情, 海外, 食品, 飲食店 近年、日本のラーメン店の海外進出が盛んだが、特にタイ、シンガポール、インドネシアなど東南アジアへ出店が多い。「博多一風堂」「山頭火」などの有名チェーン店や、東京を中心に展開する人気店「東京らーめんけいすけ」や「ラーメン凪」なども、東南アジアに複数の支店を出し、成功を収めている。

 このラーメン店の海外進出ラッシュについて、海外のラーメン事情に詳しい東京都新宿区にある人気ラーメン店「ぼり・うむ」の店主、清水博丈さんが語ってくれた。

「ご承知の通り、日本のラーメン市場はもう飽和状態です。そこに近年、橋渡しをするブリッジカンパニーみたいなものが出てきました。後は地元の有力企業や商社などから声かけられることがあるみたいですね。特にシンガポールに出している店舗は好調だと聞いています。また、当初は失敗するだろうと思われていたのに成功したのはインドネシアですね。インドネシアはイスラム教徒の国なので、豚肉や豚骨スープを使うことの多い、日本のラーメンは成功しないと思っていましたが、2億人以上も人口がいて、イスラム教以外の宗教の方で、ラーメンを食べる人が意外に多かったらしく、大成功のようですね」

 ただ、海外進出にはさまざまな落とし穴も存在するようで。

「例えば、タイの某商社などが『レシピを教えてくれて、屋号を貸してくれれば管理は全部自分たちでやる』と言ったものの、いざ蓋を開けてみると、本店から渡した通りのレシピでラーメンを作らなかったり、勝手に『トム・ヤム・クンラーメン』などメニューを追加したりと、管理がずさんなんです」

 管理がずざんなだけではなく、あくどい手口でお店の権利を実質的に奪われてしまうこともあるとか。

「最後は契約不履行みたいな感じに追い込んで、日本のラーメン店に契約を破棄させて、後は自分たちで勝手にやってしまうという手口もあると聞いています」

 中にはこういった手口に引っかかり、失敗した有名店もあるとのこと……。海外進出する際は現地食事情に詳しい誠実なパートナー選びも重要だ。清水さん自身も一度、海外進出の話を具体的に動かして酷い目にあったという。

「私のところにも『海外に店舗を出しませんか?』みたいなFAXやDMがしょっちゅう届きます。一時期、アメリカのカリフォルニアから話がきて『ニューヨークでもシカゴでもお好きなところにどうぞ』という話だったので、話を聞いてみると、3000万とか物凄い金額を提示されたんです。そして、呆れたのは先方が、現地の保健所や建物の検査基準を把握してなかったんです。この話をし出したら黙り込んでしまいました(苦笑)」

 日本のラーメン業界が海外で活躍している一方、中にはこんな“黒い話”もちらほらあるようだ。 

※写真はイメージです<取材・文/トモMC>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中