女がしがちな[人を不快にさせるアピール]

「いつも忙しい」「人とは違う」など直球では恥ずかしい“本心”を“美徳”でもって遠回しにアピールするアラフォーたち。だが結局、本心は丸見えで、同僚・後輩世代にとっては不快なだけ。今回はその「中年の始まり」ともいえるハンパなアピールを、20~35歳の男女200人アンケートで3人に1人が「不快」と感じたものの上位から順にランキングした!

<女がしがちなウザいアピール編>

ウザい,女の生態

「グループの中で一番スタイルのいいコが言ってたりすると殺意を覚える」(34歳♀・飲食)

 うっかりアピりがちな我々でも、女性の自意識に直面するとイラッとしてしまう。女は共感を欲する生き物とよく言われるが、言葉巧みに相手の共感を誘おうとするアピールが大いにイラつかせるのだ。

 その最たるものが「最近太っちゃってー」「わたし全然ブスだから」といった“自虐アピール”だ。

「女の自虐は『そんなことないよー』と否定してほしいのが見え見え。褒め言葉を釣り上げるためのルアーのようなものなので、優しくするだけこっちが損だと思います」(32歳♂・プログラマー)

 聞き手がフォローせざるを得ない言い方をして、結果的に自分が褒められる立場に立つのがズルい。

「昔はけっこうキレイだったのよ」というアピールも、「今の自分に自信がないと言えない言葉。『今だって十分キレイですよ!』という返しを強制されているも同然なので、こっちはもうプレッシャー。これがもし、無残なおばさんだったらリアクションのしようがありません」(29歳♂・不動産営業)と、すこぶる不評だった。

 同様の手口が、「合コンで会った男がしつこくてー」「キャバクラのキャッチとかウザいよね」などの“被害者偽装型アピール”。

「うっかり『大変だったね』などと同情したら思うツボ。“かわいそうな私”と“でもモテてる私”というダブルで相手を気持ちよくさせるだけです」(26歳♀・ショップ店員)と、主に同性からの不快指数が高めだった。

<女がしがちなウザいアピール・ランキング Part1>
※全国の20~35歳の男性100人、女性100人に調査。「不快」か「不快じゃない」かを聞いた。その人数が下の【不快指数】である。

●この前の合コンで会った男がしつこくてさー【145】
=あなたの前にいる私は引く手あまたのモテ女よ

●最近太っちゃって……【121】
=でもデブではないでしょ? 太ってないって言ってよ!

●キャバクラのキャッチとかウザすぎー【120】
=(OVER30だが)まだまだ若いコには負けないの

●最近の男は草食ばっかりで全然ダメ【118】
=そう、私に今彼氏がいないのは草食男のせいなの

ウザい,女の生態

「草食男子って、モテない女性には都合いい言葉ですよね」(31歳♂・SE)

●私、ブスだから(笑)【118】
=かわいいのに自分のことブスって言えちゃう私はやっぱりかわいい

●昔はけっこうキレイだったのよ【105】
=今もイケてるんだから「今もキレイ」って言って!

●平日より土日のほうが忙しくて【101】
=土日の予定が埋まってる私はリア充ね

●私って飽きっぽいんだよね【94】
=自由奔放に生きてる私ってかわいくない?

イラスト/ただりえこ
― 不快指数で逆格付け[人を不快にさせるアピール]【1】 ―

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中