アイドル貧乏自慢大会「子供の頃のあだなはボロアパートでした」

坂本舞菜,稲葉恋花,窪田美沙

貧乏座談会参加メンバー。左から坂本舞菜、稲葉恋花、窪田美沙

 明日のスターを夢見て、ライブハウスのステージに立つ地下アイドルという存在。彼女たちはテレビや雑誌などのメディア露出は少ないものの、ライブやイベントを中心に精力的な活動を行っている。しかし、華やかなスポットライトを浴びることができる者は一握りに過ぎない。それでも青春の全てをアイドル活動に捧げて、ひたむきな努力を続ける彼女たちの姿に、ファンたちは熱い声援を送るのである。

 大勢の地下アイドルがしのぎを削る中、アリス十番やスチームガールズなど、地下アイドルの中でも抜群の認知度と人気を誇るグループが多数在籍する大手地下アイドル事務所「アリスプロジェクト」では、『地下アイドルの「純血」』というドキュメンタリーを毎日配信している。ここではステージでは絶対に見ることのできない、所属アイドルの過酷な世界の裏側を覗くことができる。

 そんなアリスプロジェクト所属アイドルの中から、稲葉恋花(OZ)、窪田美沙(ぱー研!)、坂本舞菜(スライムガールズ)と貧乏自慢3人が集結。いかに自分が貧乏であるかを競って貰った。

窪田:生まれた時から家庭が貧乏で、日常茶飯事で電気とかガスとか止まっていたから、普通の生活というのがよく分からない。

稲葉:そうだよね。私は家が小さくて、友達の家が広過ぎて逆にビックリしちゃうぐらい。

窪田:分かる~! ビックリしますよね。

坂本:私は自分の家に車があったことが一度もないのはもちろんなんですけど、自分の部屋を持ったことがなかったんです。ところが今は家庭の事情で引っ越しまして。

OZ

OZ●オズの魔法使いの世界観をメインビジュアルに、アリスプロジェクトのぶちAGEソングを武器にパフォーマンスするユニット

――というと?

坂本:裁判やら何やらで……。

――あまり触れない方が良さそうですね……。

坂本:前は4人家族で部屋が二つしかなかったんですけど、今はちょっと大きくなって3部屋になったんですよ。やっと襖一つで仕切った自分の部屋ができて、初めて自分の部屋を持てたんです。

窪田:私も自分の部屋は持ったことがないですね。

稲葉:私は一人っ子で、お母さんと二人暮らしなので、部屋は一応ありました。

――いきなり皆さん、いろいろ背負っている感がありますね(笑)。地元はどちらなんですか。

坂本:神奈川県生まれの東京育ちです。

稲葉:私は生まれてから宮崎に3年間ぐらいいて、それから東京に出てきました。

窪田:私は京都なんですけど、今は事務所の寮で暮らしています。お金がないから一人暮らしができなくて(笑)。毎日ゴハンに塩をかけて食べています。

――小さい頃の貧乏エピソードを教えて貰えますか。

坂本:子供の頃は自分の部屋に友達を連れてきたかったんです。友達は私のことを家に呼んでくれるし、私も喜んで行くんですよ。でも私が友達を家に呼ぼうとすると、お母さんがダメって言うんです。家が小さ過ぎて、恥ずかしかったみたいで。

スライムガールズ

スライムガールズ●アリスプロジェクトに所属するアイドルの卵たちが修行する場として作られたユニット

稲葉:気持ち分かります。同意です!

坂本:ポンポンって軽く叩くと、壁が破れちゃうような家だったんですよ。

窪田:むしろウチは穴が開いてました。

坂本:まあウチも開いてたんですけど(笑)。

窪田:鍵も壊れていたから、誰でも入れる玄関みたいになっていました。

――セキュリティがめちゃくちゃですね(笑)。坂本さん自身は、小さい家に友達を呼ぶのは恥ずかしくなかったんですか。

坂本:気にしていなかったですね。むしろ呼べないほうが嫌でした。

窪田:私は逆に家から友達を遠ざけていましたね。何せ小学校時代のあだ名が“オンボロアパート”で。

坂本:え~! そういう子いたぁ(笑)。

窪田:学校から友達と一緒に帰る時も「バイバ~イ」って家から離れたところで別れて、自宅に戻るんですよ。それが友達にバレた時は本当に恥ずかしくて顔から火が出そうでした。

稲葉:私の家も見た目から、けっこうなオンボロで、「ここが家だよ」と友達に言えなかったです。

⇒【後編】「最高の御馳走は?」に続く
http://nikkan-spa.jp/550247


<取材・文/猪口貴裕 写真/西邑泰和>

【稲葉恋花】
所属グループ:OZ。1997年9月14日生まれ。東京都出身。T150-B76W56H81。オフィシャルブログ「稲葉恋花オフィシャルブログ」http://ameblo.jp/inaba-renka/

【窪田美沙】
所属グループ:ぱー研。1994年3月25日生まれ。京都府出身。T154-B76W60H81。オフィシャルブログ「みっさみさにしてやんよ~(はーと)!」http://ameblo.jp/kubota-misa/

【坂本舞菜】
所属グループ:スライムガールズ。1996年10月13日生まれ。神奈川県出身。T158-B70W62H85。オフィシャルブログ「まーちゃんふぇいす☆」http://ameblo.jp/sakamoto-mana/

【参考書籍】
LIVEアイドル図鑑』オークラ出版 1429円(税別)
登場アイドル91組! 大ボリュームのグラビアとインタビューでインディーズアイドルの“今”と魅力に迫る。今回紹介したOZ、スライムガールズの記事も満載!

LIVEアイドル図鑑

全国インディーズアイドル国民投票。投票ハガキつき。あなたの一票で次号の表紙が決まる!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中