パートナーとの「セックスレス化」を防ぐために必要な性知識とは?

 30代半ばともなれば、誰もが一度は性欲の衰えを意識したことがあるだろう。妻や彼女から“求め”られても、「仕事で疲れている」と断ったり、肉体的にも勃起力が弱くなって中折れをしたり……。ミドルエイジ男性のセックスにおける悩みは多々あるが、「そんな加齢とともに変わる男性の状況を、女性はあまり理解していないのです」と語るのは、恋愛コラムニストとして活躍する、“女豹ライター”こと島田佳奈さんだ。そもそも、最近の男女は“セックス観”においてすれ違いが起こりやすいのだという。

島田佳奈

“女豹ライター”こと島田佳奈氏

「男性は性欲が薄くなる一方で、女性は大人になればなるほど『まだまだ女性として見られたい』という欲が強くなり、男性よりも性欲が旺盛になりがち。ただ、女性は『男はセックスをしたがる生き物』という固定概念を持っているので、実際には男性の性欲がどんどん衰えていくということまでわかっていない人も多いのです」

 最近は、長年連れ添ったパートナーが相手だと中折れしてしまう「妻だけED」のような症状になる人も増えているのだとか。

「そうなるとセックスレス待ったなしです。そうならないためにも、男性は正しいセックス知識を改めて得たほうがいいと思います。例えば、勃起力に自信がなくて『挿入しないならセックスをしないほうがいい』と思う男性って多いと思うんです。けど、女性にしてみればスキンシップがしたいし、挿入がすべてじゃない。それなのに“さわる権利”自体を放棄してしまったら、女性からしたら『彼氏』と『友達』との境界があいまいになって、なおさら愛情が冷めてしまう。最近は、愛とセックスを切り離して考える人が多く、ある意味、『AVで見たセックス』がすべてになってしまっている。なので、いい大人の方でも、ちゃんとした性知識を今一度勉強する必要はあるのではないでしょうか」

 例えば、スマホアプリ「新・大人のための保健体育」だ。これは、授業形式で性知識を教えてくれたり、自分が本当に正しい知識を持っているのかテストを受けたりすることができる。性知識を改めて勉強する有効なツールだろう。

大人のための保健体育

「新・大人のための保健体育」は授業やテスト形式で性知識を学べるほかED治療に便利なクリニックの検索もできる

「スマホアプリで性知識を勉強できるのは便利だと思いますね。誰にも見られずに、一人で寝る前にベッドのなかでも見られるわけですから。テストも意外と満点がとれない人も多いみたいですね。まぁ、私は満点でしたが(笑)。改めてやってみると『そういえばどっちだったかな……』という内容も多いので、再確認する意味でもいいと思います」

 またこのアプリでは、ミドルエイジ男性を悩ますEDに関する正しい知識も多々得られる。島田氏は、「パートナーの勃ちが悪かったら、女性もケアしてあげる気持ちを持つべき」と続ける。

「男性が勃起しなかったり中折れしたりすると、女性は『私がいけなかったのかな?』と考えてしまうものなのですが、そういった場合にも『体調は大丈夫? 最近、健康診断に行った?』など、“健康面を疑うようなニュアンス”で聞いてあげたほうがいい。また、EDは血管系の病気のサインでもあるし、糖尿病予備軍の人などは勃ちが悪くなるものなので、もう少しシリアスな話として考えたほうがいいでしょう。いずれにせよ、何かトラブルが原因でセックスレスに陥ってしまうと、それを同じパートナーと克服するのは相当難しい。その反面、正しい知識をもって気持ちいいセックスができているカップルは、長くちゃんとセックスをしています。やはり重要なのは、パートナーの男女がそれぞれを思いやることですね」

 ちなみに、EDは加齢のせいだと思っている人が多くいるが、実は動脈硬化の初期症状ということはあまり知られていないそうだ。陰茎の血管は1-2mm程度と最も細くデリケートで、動脈硬化が陰茎の血管に最初に現れ、徐々にその他の動脈に派生するという。心筋梗塞や脳卒中を患った人は皆EDを早い段階で認識していたという報告もあり、男性の場合、血管系の病気のサインをEDが教えてくれると意識したほうがよさそうだ。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

関連記事

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中