ハンセン病に“感謝”した誇り高き詩人

桜井哲夫

17歳でふるさと津軽の家族と別離、療養先の群馬草津のハンセン病療養施設で暮らす詩人、桜井哲夫さんの素顔に迫ったフォトドキュメンタリー。彩流社刊

 歌舞伎町スナイパーカメラマン・権徹さんの最新作『てっちゃん』(彩流社)は、ハンセン病回復者の詩人・桜井哲夫さんを追った写真集だ。新宿・歌舞伎町を17年撮り続けてきた権さんだが、その“原点”はここにあったと語る。

「実は、僕の雑誌デビュー作は歌舞伎町ではなく、ハンセン病回復者の記事でした。桜井さんはその中でもいちばん親密に付き合ってくれた人です。僕は桜井さんのことを、親愛の情をこめて“てっちゃん”と呼んでいます。初めて会ったのは’97年。恵泉女学園大学の森田進教授(当時)に誘われて群馬県草津町のハンセン病療養所・栗生楽泉園に行き、ハンセン病回復者の方々に会いました。最初は、そりゃあびっくりしましたよ。でも、ひとりで楽泉園に通うようになり、てっちゃんの6畳一間の部屋に泊めてもらうようになりました。そうしているうちに、その人間性に触れて、すごくカッコイイなと思うようになったんです」(権さん)

 桜井さんは、「らい(ハンセン病の差別的呼称)になったことを感謝している」と常々語っていたという。

桜井哲夫

権さんと訪れた釜山の海で、楽しそうに空を見上げる桜井さん

「てっちゃんは、深い人生の刻まれた自分の姿にとても誇りを持っていました。そして、この病気になったからこそ、僕や森田先生、学生たちと話ができるんだと感謝していると言うんです」

 ハンセン病は「らい菌」という極めて感染力の弱い菌による感染症で、治療法も確立している。ところが明治時代以降、「恐ろしい伝染病」との誤解のもと、最近まで約90年間、隔離政策がとられていた。患者たちは療養所に強制的に集められ、子孫を残すことも許されなかった。

「’13年5月現在、全国13の国立療養所で1979人が暮らしています。平均年齢は82.6歳、この1年で155人が亡くなっています。あと10年もすれば、日本から元ハンセン病患者はほとんどいなくなります。その前に、この言われなき差別を受けた歴史と、てっちゃんの誇り高い生き様を記録しておきたかったのです」(同)

重監房跡

療養所の敷地内に設置された監獄「重監房」跡。罪もなく獄死した人々に黙とう

 週刊SPA!12月24日発売号「韓国人スナイパーが撮り続けた[日本の闇]1996-2013」では、このハンセン病回復者をはじめ、東日本大震災、原発、野宿者、歌舞伎町の衝撃的写真など、権徹ストリート・ジャーナリズムの数々を紹介している。<取材・文/北村土龍>

【権徹】
ドキュメンタリー写真家。’67年韓国生まれ。’94年に来日。’99年、ハンセン病回復者の記事で雑誌デビュー。新宿・歌舞伎町を撮り続けて17年を迎える。『歌舞伎町』(小社刊)で第44回講談社出版文化賞写真賞を受賞

週刊SPA!12/31・1/7合併号(12/24発売)

表紙の人/岡田准一

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

てっちゃん

「てっちゃん」の愛称で親しまれた詩人・桜井哲夫は、人生を奪った「らい」をどう生きたのか――

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中