【SKE48】第64回紅白歌合戦で大ジャンプを決めたニューヒロインに注目

 12/31、SKE48が2年連続となる紅白出場を果たした。

 多くの人にもっとSKE48のことを知ってもらいたいとさらなる飛躍を誓い、パフォーマンスをやりきったメンバーたちを振り返る。

今年も勢いそのままにインパクトを残した

 今年は時間帯の都合上で、中学生以下のメンバーが出場することができず、54人でのパフォーマンス。しかし、参加できなかったメンバーからはサブライズで歌唱中に使う紅白の旗に寄せ書きがされており、それを参加メンバーが掲げ、心はNHKホールにあるという思いを見せた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=563759

 曲中パフォーマンスでは、いつもと違った『賛成カワイイ』の振り付けで、可愛らしさのなかに、SKE48がもともと持つ“元気で潑溂としたカッコ良さ”をアレンジで加え、グループの勢いや力強さを示す。

 そして、今年大技に挑戦し、会場を盛り上げた人物を紹介する。

 彼女の名前は山田みずほ。通称ちょきんちゃん(名前がみずほで、キャッチフレーズが、「みなさぁんの愛をちょきんしてねぇ」という言葉ではじまるため)、初期にはメンバーからうさぎと呼ばれていたこともあり、いまでも一部メンバーからはそう呼ばれている。そんな彼女がチアリーディングのジャンプにトライしたのだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=563323

 彼女は’13年の10月に神戸で行われたコンサートで研究生から昇格を果たしたばかりのメンバー。4月に行われたガイシホールでのコンサートの際にも、メンバーの昇格発表が行われたのだが、山田みずほは同期のメンバーが続々昇格するなか昇格できず涙を流した。研究生公演でセンターポジションに入るなど、頭角を現していた時期の発表だったため、落胆したファンも多かった。その後、彼女自身も奮起、ファンもニッポン放送のラジオ内で行われた「AKBグループ研究生オールナイトニッポン総選挙」で彼女を圧倒的な数字で1位にするなど、内外からの評価を高めた。そして今や『賛成カワイイ!』のカップリング『石榴の実は憂鬱が何粒詰まっている?』で紅組センターを、そしてAKB48じゃんけん選抜が歌う『鈴懸なんちゃら』のカップリングであるSKE48の楽曲『Escape』でもセンターを任されるなど、一気に推されはじめているのだ(松井珠理奈が参加するSKE48のグループ曲で、他のメンバーがセンターをやるのは異例)。

 彼女は100mを13.1秒で走り、走り幅飛びでは5.20mを飛ぶ(名古屋市大会優勝歴あり)など身体能力は抜群。アスリート志向の強いSKE48としては待望のメンバー覚醒と言ってもいいかもしれない。

 ただ今回は、下で土台を作った梅本まどか、竹内舞、井口栞里、内山命の頑張りがあったことも決して忘れてはいけないだろう。

井口栞里(左)と竹内舞(右)

 一丸となってその勢いを示したSKE48の2回目の紅白歌合戦。個人個人の知名度はまだまだだが、山田みずほのようなメンバーが1人でも多くフィーチャーされ、今後、成長することを期待したい。

※そのほかのSKE48の写真は日刊SPA!にて公開中

<取材・文/ヤスオ 撮影/西田周平(リハーサル)、水野嘉之(本誌連載)>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中