【コミケ85】3日目コスプレ画像集 拘束具少女2人を囲むカメラマンの熱視線

コミケ85,姉崎ゆかり,そあこ

カメラマンに囲まれるコスプレイヤーの2人(全天球写真は外部サイトにて https://theta360.com/s/563)

 12月31日、同人誌即売会「コミックマーケット85」(通称コミケ)は最終日を迎え、3日間の会期を無事に終了した。今回の来場者数は、初日が18万人、2日目が16万、3日目が18万人で、計52万人となった。昨年の冬コミの55万人、今年の夏コミの59万にを及ばなかったものの、3日間を通して寒さにも負けず、活気にあふれていた。初日と2日目につづいてコスプレエリア、企業ブースの様子をお届けする。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/563785/c85-3_02

 コスプレエリアでは、毎度お馴染みのコスプレイヤーを囲むカメラマンの輪が各所にできあがり、寒さも吹き飛ぶ熱気にあふれていた。庭園で注目を集めていたのは、フェティッシュをテーマにしたイベント「フェチフェス」でイベントガールを務める「フェチフェスガール」の、そあこ、姉崎ゆかりの2人。レトロな服装に開口具などの拘束具を身につけ、濃厚な絡みを見せると、シャッター音が激しく鳴り響いた。

 企業ブースでは、ディズニー(『エンダーのゲーム』)やDeNAが初出展したほか、恒例のコミケ限定グッズを目当てに朝から閉会ギリギリまで終始盛り上がりをみせていた。昨年冬に初出展し、今回も出展していたマイクロソフトのブースでは、5万7000円する「窓辺ファミリーオリジナルタブレットセット」が3日間とも完売。

 マイクロソフトのブース責任者も「クレジットカードが使えないにもかかわらず、現金で多くの方にお買い上げいただきました」と喜んでいた。また、今回3回目を迎えるまでに苦労もあったという。「初出展時には、大企業なので社内でも反対の声がありました。コミケ会場には、私たちが支援させていただいている開発者の方も沢山いらっしゃるという意味で、やってこれました。出展料などを全部販促費で出すのも肩身が狭いので、物販をがんばって、せめて経費くらいはとやってきました。社内の有志スタッフも心強いです」。

 来年のコミケもどの様な盛り上がりをみせるのか。一層の盛り上がりをみせるコミケ、同人界に今後も注目だ。 <取材・文・撮影/林健太>

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/563785/c85-3_14

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中