リンダ3世、鈴木慶一の対バンでW杯イヤー開幕

 日刊SPA!でも取り上げてきた、群馬県在住の日系ブラジル人ガールズユニット「リンダ3世」(リンダIII世からプチ改名)が、5日、新代田「FEVER」で新年1発目のライブを行った。

リンダ3世

もうもうと焚かれるスモークのなか登場

 このライブは元ムーンライダーズで新バンド「Controversial Spark」でギターとヴォーカルを担当する鈴木慶一氏が企画したイベントで、リンダ3世、Controversial Spark、ほか2バンドが出演する対バン形式で行われた。

 今回のイベントは、昨年、鈴木慶一氏が最も衝撃を受けたPVが、リンダ3世のデビュー・シングル「未来世紀eZ Zoo」だったということで、ロックの大御所自らブッキングをしたイベントなのだとか。

 普段のアイドルファンで埋め尽くされた会場とは打って変わって、黄色と緑のブラジルカラーのTシャツを纏ったリンダファンのほかは、年齢層も幅広く、ムーンライダーズのファンと見受けられる大人の音楽ファンが圧倒的に多かった。

リンダ3世,川島小鳥

3rdCD&DVD「日灼けマシーン」は1/29発売。ジャケット撮影は川島小鳥

 豪華ラインナップのなか、年少すぎるリンダ3世はもちろんトップバッター。お笑い芸人・サバンナ八木の「ブラジルの人聞こえますか~」の前口上とスモークがもうもうと焚かれるなか、メンバーが登場。「Feliz Ano Novo!(あけましておめでとうございます!)」とメンバーがポルトガル語の挨拶をすると、最前列に陣取ったリンダファンと、固唾を飲むようにステージを見つめていた“大人の音楽ファン”からも歓声が上がった。

 ライブは1/29に発売される3rdシングル「日灼けマシーン」でスタート。ジャケット撮影時のゴールドと黒を基調にした未来感溢れる衣装で登場した。そして鈴木慶一が衝撃を受けた「未来世紀eZ Zoo」、「愛犬アンソニー」、「Mas Que Nada(マシュ・ケ・ナダ)」。最後は3rdシングルのカップリングで、ライブで一番の盛り上がりを見せるアゲアゲチューン「I’m a Happy Girl.」で終了。

リンダ3世

最年少、12歳のムツミに驚く大人のオーディエンスたちが

 途中の自己紹介コーナーでは「12歳のムツミです!」と言うと、会場からどよめきとともに「かわいい~」という声が続出。さらにムツミが「秘密を暴露します! 私、リンダ3世に入る前は、デブッちょでした!」と思わせぶりに告白すると、一拍間を置いてから、笑いと拍手が起きた。最後には”お約束”のたどたどしい日本語で「鈴木慶一さん、今日は呼んでいただいてありがとうございました!」とメンバー一同で挨拶をすると、会場は子供を見守るような、温かい雰囲気に包まれた。

 次回は2/11(祝)に代官山LOOPでライブの予定。いよいよブラジルW杯イヤー。注目度が上がってきた、リンダ3世のますますの活躍が期待される。

◆YouTubeでリンダ3世のドキュメンタリー&PVを公開中!

⇒【動画】はコチラ http://nikkan-spa.jp/564763



⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=564768

<取材・文・撮影/遠藤修哉>

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中