猪瀬氏失脚は東京都にとって福音だったのか?

アベノミクスの次なるフェーズは? 消費税増税で生活はどうなるのか? TPPは? 中韓との外交問題は……などなど、我が国は今年も多くの課題を抱えている。しかし、そんな大きなトピックの陰に隠れて、実は結構日本の首を真綿で絞めるような問題がある。あまり話題にならない、日本が抱える「2014年問題」を探った

◆腐っても「ジャーナリスト」だった猪瀬失脚は都政に影を落とす

猪瀬直樹氏

猪瀬直樹氏公式サイトより

 ’14年の日本はどうなるか。’13年に起きたいくつかのニュースが、その流れを作っていくのかもしれない。

 そんな話をしてくれたのはジャーナリストの武田徹氏。武田氏が初めに挙げてくれたのは、猪瀬直樹前東京都知事の辞任。

 武田氏は、「都政はむしろ悪くなる可能性がある」と危惧する。

「確かに猪瀬氏にはいろいろ問題があった。しかし、かつては分析力が自慢のジャーナリストで、だから小泉元首相が道路公団民営化に利用したんです。都政に関わってからも都営地下鉄の東京メトロとの合併や水道水のブランド化など面白いことを考えており、東京五輪についても、彼なりのロードマップを持っていたのかもしれない。次の都知事が国の意向に従うだけの人になったら、五輪は単に公共投資のバラ撒きに利用される可能性が高まる」

 不穏な流れを形成しそうな要素はそれだけではない。

「’13年12月に、海上自衛隊の護衛艦たちかぜで起きたいじめ自殺事件について、いじめの事実を示す調査文書が隠蔽されていることを内部告発した自衛官が、規律違反を理由に審理され懲戒処分を検討されていることが発覚しました。これはつまり、特定秘密保護法と対抗してバランスを取るべき存在の公益通報者保護法が反故にされているわけです」

 武田氏はこうした流れに反対するリベラル層の弱さについても懸念する。

「国家の行きすぎを止めるリベラル層の声が、イデオロギーに偏り過ぎている。実現困難な先鋭的主張をし、案の定、できませんでした、でも頑張ったと内輪で慰め合うだけでは、大衆層は取り込めない。このままでは新自由主義化の流れは止められないでしょう」

【武田徹氏】
ジャーナリスト・評論家。東京大学先端科学技術センター特任教授を経て、現在は恵泉女学園大人文学部教授。専門はメディア社会論、共同体論。『原発論議はなぜ不毛なのか』(中央公論新社)など著書多数

― 警告[2014年問題]が意外とヤバい!【3】 ―

原発論議はなぜ不毛なのか

イデオロギー的に偏らない視座で、原発論議の本質を捉え直す

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中