激安!10万円の中古車はありか?

 安い中古車……といえば、最低でも40万円以上というのが常識的な相場だが、世の中には10万円以下の激安中古車も存在する。

◆自動車ジャーナリスト・高野マリオが激安中古車をレポート!

中古車

初代キューブ(9万円)

 もっとも、年式はさすがに骨董品並み。中古車の査定基準には「年式10年、走行距離10万km」の壁があり、これを超えると査定額0円なんてこともザラ。そんな車が激安で売られているのだ。ちなみに写真は9万円で売られていた初代キューブである。

 車両価格に加えて自動車税(乗用車の場合最低2万9500円)などもかかるため、実際の乗り出し価格は20万円ほどになるが、諸費用込みで10万円以内に収めたいなら、狙うべきは「軽自動車」。車体も安けりゃ諸費用も安い。前述の自動車税にしても、軽自動車税なら現行で7200円。重量税も乗用車の約半額。また、軽自動車は’98年に現行規格へ変わったので、旧規格車は安さが加速中だ。

 実際に激安中古車に乗ってみたところ、拍子抜けするほど普通に走る。もちろん、旧規格のデメリットはあり、エンジンが回りすぎて燃費は最悪。そのうえ、シートにタバコの跡があったり、エアコンが臭かったりと、素人目にもボロい。あくまで「走りさえすればいいレベル」なのは間違いない。

 とはいえ、タイヤがどこかに飛んでいってしまうようなハプニングなどはなし。特に国産車は信頼できる。フランス車などは、新車でも突然サイドエアバッグが暴発してくれたりするので楽しいのだが……。カー専門誌で「5万円の中古車に1か月間乗ってみる」というような企画も何度か経験しているが、途中で壊れたのはエアコンくらい。エアコンの調子が悪くなるのを車の買い替え時と考えている人は多いので、エアコンの故障は結構な確率で起こると考えたほうがよさそうだ。

 安さを追求するなら車検残り3~6か月といったものを狙って乗りつぶすもよし(レンタカーより断然おトク)、車検を通しながら騙し騙し乗るもよし(運がよければ十数万円の投資で2年くらい乗れる)。なお、購入費用にはリサイクル代も含まれているので、廃車にかかる費用は1~2万円。さほど気にすることはないだろう。

 激安中古車は事故車などの不安もつきまとうが、それも一昔前の話。最近はネットの普及で悪い評判はかけめぐるので、悪どいやり口は割に合わなくなっている。激安といえども、そこまでハイリスクな買い物ではないのだ。結論、年式10年、走行距離10万kmを超えた車が安いのは、ひとえに消費者の気分的なもの。車に詳しい人間ほど、迷わず買っていく。国産車なら安心! <構成/江沢洋>

【高野マリオ】
自動車ジャーナリスト。MJブロンディこと清水草一氏と共に、週刊SPA!「AUTO CLUB」の連載を担当。マリオ二等兵の愛称で親しまれる

※1/21発売の週刊SPA!では激安中古車のほか、激安800万円中古一軒家、激安3900円ホテヘルなどを試した「噂の激安商品を試した!」という特集を組んでいるので激安好きの方はぜひチェックしてほしい。

週刊SPA!1/28号(1/21発売)

表紙の人/有村架純

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中