中国「覚せい剤村」内部の様子を公開

 昨年末、中国で村ぐるみで覚せい剤を密造していた村が摘発された。人口1万4000人あまりの広東省陸豊市博社村に、3000人以上の武装警察、ヘリコプターや高速艇までが動員され、村のトップである共産党支部書記ら180人以上が逮捕された。77か所に及ぶ覚せい剤工場が摘発され、覚せい剤3トン、原料約100トン、そして銃器や爆弾など武器も多数、押収されたという。香港紙は、博社村で押収された3トンは、香港の末端価格では約240億円にもなると報じている。日本に持ってくれば、もっと大きな額に化けるだろう。

 同村はもともと、土地が痩せた貧しい寒村だったが、90年代から覚せい剤の密造を開始し、それに関わる者は一気に豊かになったという。村のトップである共産党書記が密造利権を牛耳り、武装した私兵を村の入口に置いて警察や部外者が入れないようにしていたというからヒドイ話である。摘発時、村の全世帯のおよそ5分の1が、覚せい剤密売の製造・密売に直接関わっていたという。このたび、中国メディアの記者が摘発直後の同村の様子を取材した記事が話題となっている。その一部を紹介しよう。

●写真1:一見、古い建物が並ぶのどかな村と言った感じだ
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=571408

中国●写真2:村には、似つかわしくない豪華な建物が点在している。ドラッグマネーによって建てられたのだろうか
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=571404

ドラッグマネー●写真3:村の雑貨店には高級洋酒がズラリ。マフィアたちの酒宴用だろうか
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=571407

高級洋酒●写真4:こちらは摘発された跡の覚せい剤密造工場。機械類はすべて警察が押収し、もぬけの殻だ
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=571411

覚せい剤密造工場●写真5:村の周縁にはゴミの山が……。治外法権で無秩序な状態が続いていたためだという
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=571403

ゴミの山●写真6:村の子供たち。村には子供たちの遊ぶ公共施設がなく、汚染された田畑で泥遊びをしている
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=571402

覚せい剤村 いかがだっただろうか。同村では中国国内で製造される覚せい剤の3分の1の量が生産されていたといわれている。我が国にも近年、中国産覚せい剤の流入が増加し、昨年には愛知県の稲沢市議が覚醒剤を所持したとして、広州市の空港で中国の公安当局に逮捕される事件も起こっている。薬物に関しても習近平政権は厳罰で望むということだろうか。中国最大の覚せい剤密造地帯といわれている広東省では、13年7月から「サンダーボルト作戦」と題した大々的な薬物取り締まりを開始しており、これまでに1万人を検挙し、9トンの覚せい剤を押収したという。中国当局のこうした姿勢が、日本における薬物の取引や相場に影響を与えるに違いない。

<文/日刊SPA!取材班 写真/網易新聞

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中