佐藤優の人生相談「子供が欲しくないと考えるのは変ですか?」

【佐藤優のインテリジェンス人生相談】
“外務省のラスプーチン“と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆相談者 どきんちゃん(ペンネーム) 会社員 32歳 女性

「私は契約社員として働いている独身女性です。ぜひご意見を教えて頂きたいのですが、結婚したとして、子供を持ちたくないというのは人としておかしいですか? その人を愛することと子供を持つことに私の中でものすごく距離があるんです。私は子供は親を選べない、親も大変だけど子供も大変なんですって幼子心ながらに思っていたのです。子供がいなければいないなりの夫婦の形があってもよいと思うのですが……。」

◆佐藤優の回答

あなたのおっしゃる通り、「子供がいなければいないなりの夫婦の形があってもよい」という考えに私も賛成です。人間と人間の関係には、努力や計算で実現することができない縁があります。結婚して子供が生まれるかどうかというのも、究極的には人知を超えた縁によるものと私は考えます。子供ができる縁に恵まれた人は、子供を大切に育てる義務が生じます。また、結婚して子供ができない場合だけでなく、自発的意思で子供をつくらないという場合も、その根源的な力は、人知を超えた縁によるものと私は考えます。「子供をつくらない」という考え自体が、論理ではなく人間を動かす根源的な感情に基づくからです。この感情を意思でコントロールすることはできません。感情は究極的には人間の外部から来るものです。キリスト教的に言うならば神、仏教的に言うならば縁になるでしょう。

重要なのは、子供をつくるか否かでなく、信頼できるパートナーを見つけることです。よいパートナーを見つけるには、逆説的ですが、人間は孤独であるという現実を見据えることです。浄土真宗の僧侶である川村妙慶さんが孤独について的確な指摘をしています。

<私たちは、生まれる時も一人、死ぬ時も一人です。「このご飯、おいしいから一緒に味わいたい」といっても、それぞれの胃袋に入れていくしかないのです。悔しさを共有することはあっても、同じ気持ちにはなれません。よくあなたと私は一心同体だからとおっしゃる方がいます。しかし同じ体にはなれないのです。悔しいかな、同じ心にもなれません。/自分だけは絶対に孤独になりたくないと願っても、それは自分がどうにかなりたいという執着でしかないのです。どんな時も最後は一人です。>(『こんな時親鸞さんなら、こう答える』80頁)

人間は弱い存在だからパートナーを必要とするのです。「子供は親を選べない」というのは、確かにあなたがおっしゃる通りです。しかし、恋人も、仕事も、自由に選べているように思っていても、本当は人間の目に見えない力によって、定められているのだと私は考えます。あなたが具体的に誰かと付き合っていて、相手があなたとの子供を欲しがるために、結婚に踏み切ることができないというならば、思い切ってまず同棲してみることです。1年くらい一緒に暮らしてみて、この人とならば、生活を共にしていけると感じたならば、思い切って結婚してしまえばいいと思います。子供を持つかどうかということは、パートナーと生活しているうちに自ずと答えがでてきます。

ちなみに、子供を持たないのならば、老後の経済設計も今のうちにきちんと立てておく必要があります。ライフプランナーと相談して、年金以外にどれくらいの支出が必要になるか、大雑把な数字をつかんでおくことをお勧めします。あなたの心の中に幸せを掴む力があります。この力を信じましょう。

【今回の教訓】
子供は人知を超えた縁により授かるもの

【佐藤優】
60年生まれ。85年に外務省入省。在英、在ロシア連邦大使館、国際情報局分析第一課で活躍。02年に背任の容疑で逮捕。『インテリジェンス人生相談―復興編―』(小社刊)が好評発売中

◆募集
佐藤優さんへの相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。採用者には記念品をお送り致します
⇒応募はコチラから


◆今回の参考文献
こんな時親鸞さんなら、こう答える―妙慶尼さんの元気エッセイ 「思い込み」を捨てる48のヒント

NHKラジオなどでアナウンサーを経験した後、30代から本格的に僧侶としての活動をスタートした“カリスマ僧侶”が「楽しく生きる秘訣」を説く。10年刊

インテリジェンス人生相談 復興編

超個人的な問題から佐藤優が導く日本復興のシナリオとは!?

人生の極意

知の巨人・佐藤優が、悩める相談者に送った、人生を賢く生き抜く72の処方箋

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中