1歳の娘にドルガバのネックレス【金持ちセレブのお買い物常識】

聞くところによれば、石原慎太郎の孫は通学にタクシーを使って「石原慎太郎にツケといて」と言うらしい。そんな金持ちセレブたちの、庶民感覚とはかけ離れた言動の数々を目撃者が語る。驚き呆れつつも、ある意味、痛快と言えなくもない超絶エピソード満載だ!

◆[お買い物]編

セレブ 金持ちのお買い物はやっぱりゴージャスでセレブ臭プンプン。

「ママ友が1歳の娘さんにドルガバのネックレスを着けさせていた」(30歳・女・事務)、「娘と友達の女の子は、よく一緒に公園の砂場で泥だらけになって遊んでいるんだけど、後日、その子のワンピースが10万円、カーディガンは5万円だと知って驚愕」(27歳・男・製造)。子供がそれなら、親が着る服はいったいいくらになるの?

 デパートでは上客には外商が付くが、「知人のお嬢様は『二十歳過ぎまで、“お帳場”(三越の外商)って、どんなお家でも付いてるものだと思ってた』と発言。デパートに足を運ぶときは『担当さんがずっと付き従ってくれるし、荷物は預かって車まで運んでくれるから常に手ぶら』だそう」(35歳・男・広告)、「高校時代、お嬢様学校に通う友達と渋谷に買い物へ。そしたら彼女、やたらハイテンションで楽しそう。聞けば『いつもはデパートの人が来てくれるから、外でお洋服とかお買い物したことないの』だって」(34歳・女・アパレル)と、もはや別世界。

 家から出歩かないで買い物できるのがステータスかと思いきや、逆に「売れっ子女性漫画家さんの会食に同席したとき、ブランド物買いまくり話を黙って聞いてたら、『アラン(仮名)が辞めちゃって~』とか言い出した。誰だよ、と思ったら、パリのシャネル本店のなじみの店員だそうで」(41歳・女・出版)と、銀座どころか約1万km先まで通っちゃってるし!

 一方、親から子への贈り物も桁外れ。「大学時代の後輩が一人暮らししていたのは、24時間守衛付き、日中はコンシェルジュ常駐の新築マンション。親が娘の入学に合わせて購入したんだとか」(27歳・女・コンサル)、「知り合いのボンボンは誕生日に父親から軽井沢の土地をプレゼントされた。上物もいずれ建てるそうだが、『それもオヤジが払うから』と当然のように言ってた」(35歳・男・飲食)。

 庶民の“一生の買い物”も、自転車感覚で買っちゃうのね……。

― 私が見た[金持ちセレブ](驚)言行録【1】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中