「単なる金持ち」と「本物のセレブ」の差とは?

聞くところによれば、石原慎太郎の孫は通学にタクシーを使って「石原慎太郎にツケといて」と言うらしい。そんな金持ちセレブたちの、庶民感覚とはかけ離れた言動を山本一郎氏に解説してもらった。

◆単なる金持ちと本物のセレブの差は付き合っている人の「格」にある

山本一郎氏

山本一郎氏

 お金がありすぎてよくわからない人たちの言動は、非常に興味深いです。たとえば高校時代、友達で某有名メーカーの御曹司の男に「ウチに寿司を食いにこい」と誘われて家に行ってみたら、高級寿司屋が大きなトラックでやってきて、冷蔵庫が降ろされ、板前が登場……なんてことがあった。

 同じく高校の頃、友達から「父親の買い物に付き合って」と言われて訪問したら、プライベートジェットに乗せられてオーストラリアに連れていかれたこともあります。飛行中、オヤジさんは眼下のビーチを指さして「ここからここまで買う!」と吠えていましたね。

 単にカネを持っているだけの人間と本物のセレブの差は、持っている「物」ではなく付き合っている人の「格」にあると思います。大物政治家や著名財界人を指して「あそこの家とは三世代、家族ぐるみの付き合いがある」と、電話一本で会食に誘ったりしている姿などを見ると、ああ、これが本当のセレブなんだなと感心します。

 また、お金がありすぎて服装や装飾品には頓着しないようなところがセレブにはあります。雑に名画が飾られていたり、壺に札束が無造作に詰め込まれていたり、とてもいいかげんな一面もある。

 とはいえ、重要な資産管理は信頼できる執事や番頭のような人がいて、きっちりとやっている。素性のよくわからない有象無象が近づけないよう、ちゃんとシャットアウトされる仕組みを備えているのも、ただの成金と本物のセレブの違いではないでしょうか。

【山本一郎氏】
’73年生まれ。慶應大学法学部卒。イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。個人投資家。ブロガー、著述家としても活躍する

取材・文/石島律子 漆原直行 昌谷大介(A4studio) イラスト/坂川りえ
参考資料/長坂陽子『CELEB GOSSIP年鑑2009-2010』(ビジネス社)
― 私が見た[金持ちセレブ](驚)言行録【9】 ―

CELEB GOSSIP年鑑 2009-2010

海外セレブの真実の姿を暴露する

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中