軽自動車税増税のカラクリ。国交省の思惑とは

各社が燃費や室内の広さを競った結果、“弱いモノ”と言えなくなってしまった軽自動車は、ハイブリッドカーとともに、わが国の新車販売を支えている。そんな軽自動車の増税に自動車業界は不満タラタラだが、増税のタイミングで一般販売が始まるのがパーソナルモビリティと呼ばれる超小型車だ。自動二輪車と軽自動車の間の新規格の税金はどうなるのか?

西村直人=文 Text by Naoto Nishimura

◆軽自動車税増税の背景には国交省の超小型車普及の思惑がある!?

超小型車 ’13年に日本で販売された新車(537万台)のうち約40%(211万台)が軽自動車だった。今年もスズキのハスラーや、ダイハツのムーヴやタントなどをはじめ、昨年の東京モーターショーで話題となった、スポーツモデルの軽自動車ダイハツ新型コペンやホンダS660の発売が現実味を帯びてくるなど、例年以上の躍進が続くことは間違いない。今年も“軽軍団の一人勝ち”が予想される。

 そんななか平成26年度の税制改正では、4月1日から自動車取得税が軽減されることが織り込まれたが、軽自動車税は一転して増税に(’15年4月1日以降に新規取得する新車)。税額は、主に軽トラと呼ばれる貨物用自家用では4000円→5000円と25%のアップに留まったものの、軽自動車全体の販売台数のうち、約80%を占める乗用自家用では7200円→1万800円と50%ものアップとなった。

 総務省が検討を始めた当初から、「弱い者いじめだ!」と怒りをあらわにし、増税反対を表明していたのがスズキ会長兼社長の鈴木修氏。確かにごもっともで、「売れている(≒税金をとりやすい)から増税する」という理由では反発は大きい。

 さらにバイクに至っては、’15年以降、問答無用で全排気量が増税となる。バイク収集家の私にとって財政難は確定的だ。

 ただ、この新税制をよく見ると、巧妙なカラクリが見えてくる。

 その理由が、パーソナルモビリティと呼ばれる超小型車だ。パーソナルモビリティとは、1~2人乗りの小さな乗り物のこと。ボディが小さいため人一人の移動に必要なエネルギー量が少なく、現在販売されているハイブリッドカーの3分の1程度。市販されているEVと比較しても約半分と非常に効率がいい。国交省も普及に前向きだ。

⇒【後編】『軽自動車税増税は超小型車普及への布石!?』に続く
(http://nikkan-spa.jp/580929)


◆超小型車図鑑

【TOYOTA】
トヨタは「i-ROAD」を披露。2人乗りのEVで前輪をリーン(傾斜)させて走る「アクティブリーン走行」が特徴。トヨタ車体の「コムス」はミニカー規格の1人乗り。2人乗りプロトタイプも出た

【HONDA】
沖縄県宮古島や熊本県、埼玉県での実証実験がスタートするホンダMCβ。ボディサイズやパワートレーンを「欧州L7カテゴリ」(欧州の二輪カテゴリの一つ)に準拠した立派な世界戦略車だ! “第二のガラ軽”にはならない!?

【NISSAN】
NISSAN New Mobility CONCEPTは、欧州で販売中のRenault Twizyの日産版だ。パーソナルモビリティ最速を誇るだけでなく、日本でナンバープレートを装着して最初に公道を走った、記念すべきパーソナルモビリティでもある

写真/時事通信社

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中