『相棒』に続く国民的刑事ドラマが登場しない理由

THE警視庁

THE警視庁

 刑事ドラマが花盛りだ(※本記事では、刑事に限らず「警察関係者」を主人公とするドラマを広い意味で「刑事ドラマ」と呼ぶ)。今クールのプライムタイム枠における刑事ドラマは、全ラインナップの3割に上る。

 謎解きドラマ全盛の中、あえてアクションで勝負する『S-最後の警官―』(TBS系)、取調室での刑事と被疑者の心理戦にフォーカスした『緊急取調室』(テレビ朝日系)、女性版『刑事コロンボ』に挑む『福家警部補の挨拶』(フジテレビ系)などなど、各局が趣向を凝らしており、見ごたえは十分だ。

 その一方で、『踊る大捜査線』『古畑任三郎』『相棒』などと並ぶ「国民的刑事ドラマ」がここしばらく出ていないという現実もある。もちろん『相棒』はバリバリの現役だが、すでに14年近い歴史を刻んでいる作品だ。『相棒』に続くヒット作は、なぜ登場しないのか?

今のドラマは、ワンクールに力を入れすぎている――というのが一つの原因では」と指摘するのは、ドラマ評論家の成馬零一氏。

「’90年代末~’00年代頭にかけて、完成度の高いドラマをワンクールでやって、後のスペシャルや映画版に繋げた結果、DVDレンタルで火がつくという『ケイゾク』系のビジネスモデルがすごく力を持っていたんです。その影響力はいまだに根強い。ただ、ワンクールで成績を残そうとすると、うまくいかないときはうまくいかないし、ヒットしたとしても、人気若手俳優でキャスティングを固め過ぎているとスケジュールの調整が難しく、なかなか次をやるのが難しい。映画化を最終目標に置いたビジネスモデルなので、続編が作れなくても問題はないんですが、テレビドラマにとって、とにかく続ける、単発で終わらせない――というのは意外と大事なことだと思うんですよ

 というのも、「最終的には視聴者にとって、友達の友達を見る感覚で役者をずっと追っていくような距離感になったときが、ドラマは一番強い。大河ドラマや朝ドラ、さらには『北の国から』『渡る世間は鬼ばかり』といったホームドラマがまさにそうですが、刑事ドラマも例外ではありません」

『相棒』の水谷豊は、街中でファンから「右京さん」と声をかけられることも多いという。まさに「友達の友達を見る感覚」だ。

そのレベルまで作品を持っていくには、やはり“育てる”しかない。テレビ朝日はそれを戦略的にやっていますよね。今でこそ国民的ドラマと呼ばれる『相棒』ですが、初期の平均視聴率は13%前後をウロウロする感じで、決して大勝ちはしていない。それでも淡々と続編を作るんですよ。その結果、シーズン5、6あたりでものすごい歴史の厚みができてきて、そのタイミングで再放送を何回も繰り返して新規のファン層を獲得して、気づいたら皆が見ている……という按配です」

 脚本のよさに定評のある『相棒』だが、「スタイリッシュな映像」や「斬新な演出」とはほぼ無縁。刑事ドラマの名作に必要なのは、必ずしも“新しい試み”ではないようだ。『相棒』の強さは時間の重み。次なる国民的ドラマの登場は、気長に待つことにしよう……。

<取材・文/日刊SPA!取材班>

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中