「日本は世界で唯一円安を喜んでいる愚かな国」現役金融マンぐっちー氏

今年、経済的にリスクがあるのは新興国と語るぐっちーさん。アルゼンチンの危機的状況などさっそく年初から気になる話題も出てきているが世界経済にどれほどの影響があるというのだろうか? 展望をぐっちーさんが解説する

◆新興国投資はオススメしませんが世界経済は問題なし
(現役金融マン ぐっちーさん)


ぐっちーさん

ぐっちーさん

 今年の世界経済においてはあまりリスクになる要因は見当たらないが、あるとしたら新興国の経済成長の鈍化。BRICsに代表される新興国からは早めに資金を逃がすべしと指摘していたら、さっそく年初から「爆発」しています。

 今回も発信源はアルゼンチン。’01年、950億ドルの返済不能に陥りデフォルトして以来です。現在、国内の預金の70%が外貨になっている(ほとんどドル)という状態ですからアルゼンチン国民が自国通貨を全く信じていない。こういう国に投資をするのは甚だ間違いです。いつも書いていますが、日本は世界で唯一自国通貨安(円安)を喜んでいる愚かな国なのです。それは自国通貨が叩き売られるときの恐怖を味わったことがない、とんでもない発想です。

 今回のアルゼンチンのケースで言うと、1ドル7.8205ペソと、ここ数か月で35%値下がり、中央銀行が外貨準備を吐き出してペソを買い支え、外貨準備が尽きる。ここで買う人がいなくなり、一気に価値を失う。まさに負の連鎖なのです。この図式は’98年アジア通貨危機もまったく同じで、自国通貨が売りの嵐に見舞われると最後の頼りは中央銀行しかない。自国通貨高で破綻した国はありませんが、通貨安は破綻に至る。それを喜んでいる日本という国は一体なんなんでしょうかね。実際日本は通貨安で輸出が増えて景気回復、と言っていましたが、回復どころか、円安で輸出金額が水増しされただけで輸出量はまったく増えていません。逆に輸入価格が高騰、完全に貿易赤字に転落しています。何度も言いますが、日本のような先進国は自国通貨安にしていいことは何もないのです。

⇒【後編】「新興国危機はたいした影響なし」へ続く
http://nikkan-spa.jp/592653


【選者】現役金融マン ぐっちーさん
ウォール街で20年生きてきたノウハウからブログを執筆するアルファブロガー。金融と経済を中心としたオピニオンブログ「THE GUCCI POST」(http://guccipost.jp/)を主宰している

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中