「子供がかわいそう」スマホに夢中な親に疑問の声

育児問題について、激しい論争が繰り返され「炎上」するのはなぜか? 育児経験のない20~30代男女を対象に「育児問題で目にする不快な事象」をテーマにアンケートを行った。その結果と、育児をテーマにした週刊SPA!連載漫画「いくもん!」作者・中村珍氏とともに考察してみた

◆公共の場所編

イラッ, マナー, 子供, 育児問題, 電車 公共の場での子連れ親の行動で最も炎上度が高かったのは「子供が話しかけてるのにスマホに夢中で返事がおざなりな親」。「子供がかわいそう」(35歳♂、ほか多数)、「ネグレクト」(39歳♂)などと批判がほとんど。子供の安全面はもちろんのこと、「コミュニケーションが取れない子になりそう」(35歳♀)と、教育面で疑問を禁じ得ないようだ。

 同じ視点から「居酒屋に子連れで来る親」もアウト。酒とタバコの煙が渦巻く空間に子供がいるのはやはり違和感があるようで「親が頼んだ酒を、子供が誤飲してしまう可能性を考えていない」(29歳♂)などと批判の嵐だ。とはいえ「常識的な時間内に帰れば許容できる」(37歳♀)と、若干の理解を示す声もあった。

 子供を介して頼みごとをする親に対しては、「教育に悪い」(37歳♂)。「子供が親の友人に『おまえ』と言ったり、無礼な口を利いているのに注意しない親」も炎上指数3位と高め。「躾けろ」(38歳♂、ほか多数)に尽きるだろう。

いくもん 電車内で「靴を脱いで窓側を向いて立ち膝の子供」、同じく「席を立たせた子供がこちらの太ももを踏む」という光景もよく見かけるが、前者は「靴を脱いでいるならいい」(37歳♀)など割と寛容。だが後者に対しては「不法行為」(34歳♀)、「叩いてよい」(29歳♂)などと一気にトーンアップ。親はともかく無自覚な子供の行動は、大目に見てやれないものか……。

 また、子持ちであることを「特権」のように行使し席を譲るよう求める妊婦や親には「甘えるな」(38歳♂)、「お年寄りや不妊で悩んでいる人たちへの冒涜」(36歳♀)と抵抗を示す声が多い一方、「向こうから一言かけてほしい」(38歳♀)、「こちらが気づいてあげるべき」(30歳♂)とする意見も多かった。

 延長線上で、公共交通機関のベビーカー問題もつねに炎上のタネ。「ハッキリと邪魔だと言う」(38歳♂)、「お前のスペースじゃない」(36歳♂)、「子供を産むべきでない」(27歳♀)など、親が聞くと震え上がるような冷酷なコメントもあるものの、「混雑時でなければよい」(37歳♂、ほか多数)、「折りたたむほうが危険な場合もある」(28歳♀)など理解を示す声が過半数である。「ベビーカー(+車椅子)スペースを活用すればお互いにとっていい」(38歳♀)と改善を促す提案も少なくなかった。

【公共の場での不快事象】
※数字は20~30代の育児未経験者男女200人が、共感度に沿って1~5点のポイント制で投票した炎上指数

・1位 子供が話しかけてるのにスマホに夢中で返事がおざなりな親:147

・2位 居酒屋に子連れで来る:124

・3位 子供が親の友人に「おまえ」と言ったり、結構無礼な口を利いているのに注意しない親:123

・靴を脱いで窓側を向いて立ち膝の子供。それを止めない親:121

・子供を電車内の席の上で立たせ、子供がこちらの太ももを踏む:118

・「言うこと聞かないなら置いてくからね」と、子供を置き去りプレイする親:115

・ファミレスで15人ぐらいで3テーブル占拠してる子連れ主婦集団:114

・こちらが座って、向こうの子供が一人しか座れなくなると親が「えっ、立ってくれてもよくない?」と無言の圧力をかけてくる。:112

・子供に「ちょうだい」をさせるクレクレ系親:112

・「席を譲ってください」とか口に出さずに、フリーパスのように無言でマタニティマークを見せてくる妊婦:110

・ベビーカーを折りたたまず電車に乗ってくる:109

・何故か子供を介して見ず知らずの他人にお願いごとをしてくる親:107


★中村珍氏の寸評
妊婦さんのマークは、皆いちいち見てないのだから、一言いってくれれば良い。子供を介してお願いしてくる親は子供に無敵の権利があると思い込んでる証拠。ベビーカーが問題なら大型スーツケースや大きな楽器も問題視しては?

【中村 珍氏】
28歳。イラストレーター、漫画家、ライター、ストーリー制作の講師など。週刊SPA!連載漫画『いくもん!』のようなルポ漫画のほか、フィクションやエッセイなども執筆。3月23日(日)に中村珍・単行本3冊連続刊行記念「ナカムラ春のチン祭り!」を開催

― なぜこんなにも[育児が炎上]するのか?【2】 ―

いくもん!

中村珍が「カヤの外から」問答し、舌鋒鋭く斬り込む

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中