犬バカが惹かれる“犬のかわいさ”とは?

世の中の人間は犬派と猫派に大別できる。犬派が「犬のほうが利口でかわいい」と言えば、猫派は「猫のわがままなところがかわいい」と言うなど、両者は決して譲らない。ならば、ここらで思う存分語っていただきましょう! 犬vs猫、本当にかわいいのはどっち!?

◆[犬バカ]の主張

犬

毛並といい、しぐさといい、宇宙一かわいい生き物だと思います27歳・男・フリーター)

 犬バカからは、「我が家の4歳になる柴犬は、私が家に帰るたびにしっぽがちぎれそうなほど振って、笑顔で大歓迎してくれる。お腹がすくと『アンアン』と甘えた声で鳴くところもたまらない」(46歳・女・会社員)と、その天真爛漫な無邪気さに身悶えする声が。

 さらには「何か物を倒したりとか粗相をしたときに、この世の終わりみたいな顔で申し訳なさそうにうなだれる姿がかわいいやらおかしいやら(笑)」(35歳・男・ウェブデザイナー)、「自分のしっぽをいつまでもグルグル追いかけ回してたり、寝ぼけていきなりダッシュしてテーブルにぶつかったり、とにかくすごいバカ犬で。でも、そこがかわいくて仕方ない」(44歳・男・営業)とは、まさに人間同様“デキの悪い子ほどかわいい”ってことか。

 一方で「“ご主人様ラブ”の一途さが好き。よその犬が店先とかにつながれてると、つい寄ってってかまっちゃうんだけど、しっぽは振っても視線は常に店のほう。そうやってひたすらご主人様を待ってる姿はいじらしい」(45歳・女・自営)、「『待て』と言われるとどんなにお腹がすいててもごはんに手を出さず、ちゃんと待ってるのがえらい。我慢しすぎてヨダレをダラダラ垂らしてる姿もかわいい」(40歳・男・空調)なんて忍耐強い性格を称える声もあり。

 ご主人様を待つ、忍耐強いといえば、忠犬ハチ公が思い出されるが、「フツーに考えて、犬のほうが猫より信頼できるでしょ。忠犬ハチ公や『南極物語』のタロ、ジロみたいに、犬の人間への忠誠心を物語る実話はたくさんあるけど、猫のそんな話は聞いたことないから。それに警察犬や救助犬はいても、警察猫や救助猫はいないし」(36歳・男・コンピュータ)、「犬は相棒。いざというときには助けてくれそう。猫は飼い主に危険が迫っても見捨てていきそう」(49歳・男・飲食)って、いったいどういう場面を想定しているのか。

― [犬バカvs猫バカ]カワユさ自慢バトル【1】 ―

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中