猫バカは、猫のためなら自己犠牲も厭わない!?

世の中の人間は犬派と猫派に大別できる。犬派が「犬のほうが利口でかわいい」と言えば、猫派は「猫のわがままなところがかわいい」と言うなど、両者は決して譲らない。ならば、ここらで思う存分語っていただきましょう! 犬vs猫、本当にかわいいのはどっち!?

◆[猫バカ]の主張

猫

肉球のプニプニ、抱き心地、見た目の愛くるしさ、ツンデレなところ、すべてがたまらない!(34歳・女・食品)

 猫バカからは、「普段はそっけないが、一度甘えモードになると、なすがままにデレデレになるところがかわいい」(28歳・男・レコード会社)と、猫ならではのツンデレぶりを愛でる声も多く、

「道端の猫をかまってると、だいたいが『あんた誰?』って感じでそっけない。でも、かまわず頭やアゴをなでてやるとゴロゴロ言い出して、『何だよ~実はうれしいんじゃん』と。すましてても、うっかり反応しちゃうところがかわいくてしょうがない」(35歳・女・公務員)

「気位が高くて母にしかなつかなかったニャンコが、あるとき私が本を読んでる机の上に乗って、手や顔にスリスリしてきた。さらに私の目をジッと見て、小首をかしげて『ニャン』。その瞬間、完全にオチた。それからはもうメロメロ」(44歳・女・ウェブデザイナー)

 など、まんまと術中にハマる人続出だ。

 そんな猫バカたちは、猫のためなら自己犠牲も厭わない。

「フローリングをガスガスの傷だらけにされても、壁をバリバリにされても、服におしっこかけられてもかわいいものはかわいいんです」(25歳・女・情報)なんてのはまだいいが、「ウチのコは舌が肥えてるので高級な猫缶しか食べない。だからエサ代もバカにならなくて、自分は百均のレトルトとかで節約してます。夏場は外出中も猫のためにずっとエアコン入れてました。電気代は通常時の2倍以上になりましたけど、いいんです。猫がいるから、薄給のツラい仕事も女っ気のない一人暮らしも頑張れるんです」(25歳・男・SE)となると、ちょっと涙が……。

― [犬バカvs猫バカ]カワユさ自慢バトル【2】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中