猫バカは、猫のためなら自己犠牲も厭わない!?

世の中の人間は犬派と猫派に大別できる。犬派が「犬のほうが利口でかわいい」と言えば、猫派は「猫のわがままなところがかわいい」と言うなど、両者は決して譲らない。ならば、ここらで思う存分語っていただきましょう! 犬vs猫、本当にかわいいのはどっち!?

◆[猫バカ]の主張

猫

肉球のプニプニ、抱き心地、見た目の愛くるしさ、ツンデレなところ、すべてがたまらない!(34歳・女・食品)

 猫バカからは、「普段はそっけないが、一度甘えモードになると、なすがままにデレデレになるところがかわいい」(28歳・男・レコード会社)と、猫ならではのツンデレぶりを愛でる声も多く、

「道端の猫をかまってると、だいたいが『あんた誰?』って感じでそっけない。でも、かまわず頭やアゴをなでてやるとゴロゴロ言い出して、『何だよ~実はうれしいんじゃん』と。すましてても、うっかり反応しちゃうところがかわいくてしょうがない」(35歳・女・公務員)

「気位が高くて母にしかなつかなかったニャンコが、あるとき私が本を読んでる机の上に乗って、手や顔にスリスリしてきた。さらに私の目をジッと見て、小首をかしげて『ニャン』。その瞬間、完全にオチた。それからはもうメロメロ」(44歳・女・ウェブデザイナー)

 など、まんまと術中にハマる人続出だ。

 そんな猫バカたちは、猫のためなら自己犠牲も厭わない。

「フローリングをガスガスの傷だらけにされても、壁をバリバリにされても、服におしっこかけられてもかわいいものはかわいいんです」(25歳・女・情報)なんてのはまだいいが、「ウチのコは舌が肥えてるので高級な猫缶しか食べない。だからエサ代もバカにならなくて、自分は百均のレトルトとかで節約してます。夏場は外出中も猫のためにずっとエアコン入れてました。電気代は通常時の2倍以上になりましたけど、いいんです。猫がいるから、薄給のツラい仕事も女っ気のない一人暮らしも頑張れるんです」(25歳・男・SE)となると、ちょっと涙が……。

― [犬バカvs猫バカ]カワユさ自慢バトル【2】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中